江戸時代の絵師・円山応挙の描いた「幽霊図」が可動式のフィギュアになった!

江戸時代の絵師・円山応挙の描いた「幽霊図」が可動式のフィギュアになって登場しました!

「幽霊図」とは、足のない幽霊画のもとになったとも言われている作品。まさに幽霊の原点のひとつとも言える傑作です。そんな作品をフィギュアで立体化して表現したものがこちらです。

パーツとして額縁も付属。額縁と併せて飾ったり色々な置き方ができますね。

後ろはこんな感じ。幽霊の浮遊感を演出するためにクリアパーツを使用しています。

さらに、顔は2種類用意されているため、気分によって取り換えることも可能です。こちらはちょっと怖めな感じですね…。

不気味です。

幽霊図をフィギュアにしてしまう発想がなかなかユニークですよね。商品の詳細が知りたい方、また予約受付に関しては以下をご参照ください!

figma 円山応挙作 幽霊図

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典: goodsmile

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事