緻密すぎてゾクゾクッ!フルーツの表面を彫刻したアート作品がめちゃくちゃ凄い

りんごの形をしているけれど、表面がS字型にくり抜かれたこちら。てっきり人工的なオブジェかと思ったら…なんとこれ、本物のりんごを彫刻して作られた作品だったのです!

これは、佐藤朋子(@atelier_SATO)さんが制作している「フルーツカービング」という果物の彫刻。佐藤さんは、本場タイでフルーツカービングを学び、現在は「atelier SATO フルーツ&ソープカービング教室」を京都と福井で開講しています。

あまりにも緻密な模様に、ちょっとゾクゾクしてしまいますね。ちなみにこちらは、後ほど美味しくいただいたそうです!

リンゴ以外の果物にもカービング!

このほかにも佐藤さんは、スイカやメロンなどさまざまな果物でフルーツカービングの作品を制作しています。Twitterに投稿された多くの作品の一部がこちらです!

とても人の手で彫られているとは思えませんね!
パーティーなどでこんなフルーツが出てきたらすごくびっくりしてしまいそうです。食べるのがもったいない!

佐藤さんの公式サイトでは、さらにたくさんのフルーツカービングの作品のほか、石鹸で作るソープカービングや、木工作品などの写真と、教室案内も掲載されています。

公式サイト - atelier SATO

本当にこんな作品が作れるの!?と思ってしまいますが、ちょっと挑戦してみたくなりますね!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@atelier_SATO)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事