13歳の少年がホットドッグ店を無許可営業→通報されるも営業停止処分はなく、営業をバックアップされる

13歳の少年がホットドッグ店を無許可営業していたことが判明し、通報されることに…。通常であれば営業停止処分となるところですが、なんと営業をバックアップされることとなったそうです。

こちらが米・ミネソタ州ミネアポリス市在住のJaequan Faulkner君。服を買うために、自宅の目の前でホットドッグ店を開業。ホットドッグロースターを使って、2016年からホットドッグを作り続けているそうです。

Jaequan君の作るホットドッグは地元でも評判になり、多くの人々が購入に訪れるようになりました。店に立つ姿も随分と様になっていますね。

市に通報される

しかし、無許可でホットドッグ店を営業していることが発覚し、地域住民の誰かが市の環境衛生局に通報。

普通に考えれば営業停止処分が下る…という流れですが、これを伝え聞いた環境衛生局は営業を停止するのではなく、営業許可を取れるようにサポートすると述べたそうです。通常であれば考えられない決断ですが、子供の夢をサポートする方向に舵を切った市による粋なはからいですね!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Facebook(@mr.faulknershotdogs)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事