シロクマの赤ちゃんみたい!大自然の中で育つ真っ白なアイヌ犬が可愛い


こちらの動物の赤ちゃん、見た目はシロクマの子どもにそっくりですが、実はアイヌ犬の子犬なのです!

アイヌ犬は、北海道犬とも呼ばれ、古くからアイヌの人たちと生活を共にしてきた犬種です。こちらの子犬、ウパシ(アイヌ語で”雪”の意味)さんも、北海道知床で、写真家で映像作家の川村喜一(@KiichiKawamura)さんの元すくすく育っています。


赤ちゃんの頃はシロクマのようだったウパシさんも、いまや生後3カ月。どんどん大きく、犬らしい姿になってきました!


こちらが最近のお散歩の様子。






まだあどけない子犬の顔ですが、もう大自然の中をたくましく駆け回っているのですね!見ているだけでこちらも元気になりそうな良い笑顔です。
そんなウパシさんの姿を見て、Twitterでも癒された人が多かったようです。





これからもこの素晴らしい自然の中で、すくすく大きく育っていってほしいですね!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@KiichiKawamura) / Twitter(@KiichiKawamura) / Twitter(@KiichiKawamura)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加