日本の誇るアニメと芸術が奇跡のコラボ!「機動戦士ガンダム」の名シーンが浮世絵に!


日本の誇るアニメと芸術が奇跡のコラボ!「動戦士ガンダム」の名シーンが浮世絵になって登場して話題となっています!

日本のロボットアニメ史に燦然と輝く「機動戦士ガンダム」と、伝統を繋いできた職人たちの技がまさかのコラボ。多くのファンの記憶に残るガンダムの名シーンが浮世絵になりました。

江戸浮世絵木版画の技術を使って制作

浮世絵は、葛飾北斎にオマージュを捧げ、北斎の最後の傑作「富士越龍図」をモチーフにしているとのこと。

作画は、日本画家の塩崎顕氏が担当。ガンダムの名シーンのひとつ「ラストシューティング」の終焉性を表現するデザインとなっています。格好良く、そして味わい深く、惚れ惚れしてしまいますね!

浮世絵×機動戦士ガンダム 額装パネル(ラストシューティング)

こちらは、月岡芳年の傑作「月百姿」をオマージュ。月がもたらす静寂に包まれた空気感の中、ガンダムのほかにお馴染みのガンキャノン、ガンタンクなど地球連邦軍のモビルスーツが競演。情緒あふれる構図となっています。



千社札×機動戦士ガンダム 額装パネル(地球連邦軍V作戦)

伝統工芸に興味のある方、ガンダムファンにとっては、実に興味深い作品ではないでしょうか。

下記のサイトにて数量限定で販売中ですので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

アソビストア特設サイト
バンダイ公式ショッピングサイト

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:shop.asobistore / p-bandai

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加