『アレルギーがあると知っているのに故意に食べさせる行為』は傷害罪や殺人未遂にもなり得る


アレルギーを軽く見てはいけません。アレルギーは甘えではありません。

FUNDOではこれまで何度もアレルギーについて、記事で触れてきました。ここ数年でアレルギーに対する世の中の認識が変わりつつあるな、と感じる一方で、まだまだ「好き嫌いしているだけでしょ?」「甘えでしょ?」という認識を持っている人がいるのも確か。

そこで今回は、Twitterユーザーの㊙︎のいか子。(@sorewaikaaaaaan)さんが体験したあるエピソードをご紹介します。

『アレルギーがあると知っているのに故意に食べさせる行為』は傷害罪や殺人未遂にもなり得る



(※「アレルギーあると知ってて故意に食べさせる行為は傷害罪、悪質な場合は殺人未遂になることもある」と言ったのは警察ではなく弁護士さんだそうです。)

許せない…「ドッキリ」って…なにそれ…。

この先輩、本当にアレルギーを軽く見ていたのでしょう。もしきちんとした認識を持っていたら、こんな行動とれるはずがありません。

この投稿に対するコメント

この投稿には、

「イヤイヤ!それ殺人未遂ですって」
「ホント無知な人って何仕出かすか分からないからなぁ。」
「ほんとに考えられません。でも、無事でよかったです。」


などなど、たくさんのコメントが集まりました。

いかがでしたでしょうか?この先輩は結果的にこの件によって退職することになりました。傷害罪や殺人未遂に問われる可能性だってありました。『アレルギーがあると知っているのに故意に食べさせる行為』がそれくらい重いことだということ、アレルギーが甘えなどではないことが、もっともっと世の中に広まるよう願っています。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:twitter(@sorewaikaaaaaan)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加