【警視庁が提唱!】災害時やアウトドアで役立つペットボトルの『簡易蛇口』が便利!


飲料用だけでなく、生活の様々な場面で役立つ『水』。

普段から水の大切さは重々感じていますが、ひとたび災害が起きてしまうと、水はことさら重要で貴重なものに。

今回は、災害時やアウトドア時に少しでも水を無駄にしない為の、ペットボトルでできた『簡易蛇口』をご紹介します。

警視庁が教えるペットボトルの『簡易蛇口』がスゴイ!

こちらは、警視庁警備部災害対策課の公式Twitterアカウントの投稿。

ではでは、さっそく見てみましょう。





へえ!これは確かに便利!

キャップを緩めると水が出て、キャップを閉めると水が止まるのが何とも不思議ではありますが、これなら災害時に貴重な水を無駄にしなくても済みますね!ふむふむ、メモメモ!これは覚えておきたい!

それではおさらいです。

ペットボトルで作る『簡易蛇口』

【作り方】
①ペットボトルの下の方に2~3ミリの穴をあける。
②穴を押えながら、ペットボトルに水を灌ぐ。
③穴を押えたままキャップを閉め、穴から指を離す。

【使い方】
水を使う時はキャップを緩め、使い終わったらキャップを閉める。

【保存方法】
穴を上にして、ペットボトルを寝かせた状態で保存。


みなさん、万が一の時の為に覚えておきましょう!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:twitter(@MPD_bousai)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加