「成人式後に髪を切る方、子供の医療用ウイッグのために髪を寄付しませんか?」ヘアドネーションを啓蒙するツイートに共感の声

2019.1.15


「成人式後に髪を切る方、子供の医療用ウイッグのために髪を寄付しませんか?」

ヘアドネーションを啓蒙するツイートに、多くの共感の声が集まるなど反響を呼んでいます。ヘアドネーションとは、カットした髪でウイッグ(かつら)を作り、脱毛症などの病気やがん治療の影響で頭髪に悩みを抱える子供にプレゼントする活動。

女優の柴咲コウさんがこの活動に賛同し、髪を寄付したことで活動のことを知ったという方も多いのではないでしょうか。

そして、今回Twitterで反響を呼んでいたツイートがこちら。投稿されたのは、Twitterユーザーのかるめん@一人ハモネプしております♪@karumen_singさんです。





確かに成人式の後、髪をカットする方も多いと思います。ヘアドネーションをより多くの人々に知ってもらい、理解を促進するためにも素敵な呼びかけだと思います。

(寄せられていた声)





寄付する髪の毛は、原則として31cm以上(「つな髪プロジェクト」は15cm以上)の長さがあることが条件とされています。

こちらは、NPO法人「Japan Hair Donation&Charity(通称ジャーダック)」です。活動の詳細などを知りたいという方はぜひご覧ください。

Japan Hair Donation&Charity

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@karumen_sing) / wikipedia

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加