食用のアヒルの卵が孵化した!?マレーシア人女性が育てているアヒルの出生エピソードが凄い!

出典:Instagram

日本などで売られている食用の卵の多くは無精卵なので、温めても孵化することはありませんが、とあるマレーシア人の女性は食用のアヒルの卵を孵化させて、実際に育てているそうです。

アヒルって、あのアヒル!?しかも食用の卵を孵化させた!?…そんなことが本当にあるのでしょうか。

卵を温めたらアヒルが孵った訳とは


アヒルを孵化させたのは、エリカ・リンさん。
エリカさんは、マレーシアのプチョンにあるベトナム料理レストランで、アヒルの受精卵を買ったそうです。

アヒルの受精卵って、そんなに簡単に買えるものなの!?と思った私はネットで調べてみたのですが、東南アジアなどでは、孵化直前のアヒルの卵を加熱したゆで卵「バロット」を食べる文化があり、割と普通に売っているみたいです。

でもエリカさんはアヒルをかわいそうに思い、茹でる前の卵を買って、家で羽化させることにしたのだとか。


 
View this post on Instagram
 

Daisy duck🐥.さん(@daily_daisy_duck)がシェアした投稿



発泡スチロールと熱ランプを使ったお手製のインキュベーターを作り、卵を置いたところ、2週間後にアヒルが孵化しました!すごい!


 
View this post on Instagram
 

Daisy duck🐥.さん(@daily_daisy_duck)がシェアした投稿



ちなみにアヒルの赤ちゃんは、「デイジー」と名付けたそうです。(どこかで聞いたことあるような…笑)


 
View this post on Instagram
 

Daisy duck🐥.さん(@daily_daisy_duck)がシェアした投稿



そしてどんどん順調に成長していき、なんと立派な大人になりました!


 
View this post on Instagram
 

Daisy duck🐥.さん(@daily_daisy_duck)がシェアした投稿



▼ 動画もあります


 
View this post on Instagram
 

Daisy duck🐥.さん(@daily_daisy_duck)がシェアした投稿



ちなみに大人になったデイジーは卵を生むようになったのだとか!


 
View this post on Instagram
 

Daisy duck🐥.さん(@daily_daisy_duck)がシェアした投稿



不思議なきっかけで誕生したデイジー。これからもリンさんと仲良く暮らしていってほしいですね!

デイジーのInstagramアカウントはこちら!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Instagram(@daily_daisy_duck)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加