「入学禁止」「久しぶり!」等々…京都大学の入試会場に置かれたオブジェが面白いと話題

2019.2.28


「あぶないから はいっては いけません!」ときて入学禁止と書かれたこちらの看板。実はコレ、先日行われた京都大学の入試に合わせ、試験会場へ設置されたオブジェになります。

毎年、京都大学では入試の度にユーモアのあるオブジェや立て看板が出現し、先輩が受験生を迎えています。昨年は、「さすが難問!京都大学の立て看板が問いかける内容が深い!と話題に」の記事でも取り上げた通りです。

今年もどんなオブジェが出てきたのか、TwitterユーザーのRoy(@ilove8818)さんが写真を投稿してくれていましたので、追いかけてみましょう。

「平成」


「平成」の額縁を掲げた、故・小渕恵三氏と京大関係者をテーマにしたオブジェの登場です。オブジェは新しくとも、懐かしい場面ですねえ。

「名言」


「音は割っても 最低点は割るな」とは、受験生へエールを贈る優しい先輩?

「久しぶり!!」


「long time no see!!」…久しぶりと声をかけています。浪人生へのあいさつでしょうか?あんまり嬉しくないかな(苦笑)

Twitterでの反応は…


そう思います。偏差値以外の面でも、いい学校じゃないでしょうか。


まだ他にも、オブジェは存在していた模様ですね。ニュースを聞くと、オブジェは見つかってすぐ撤去されたりもするそうです。

撤去されるとわかってても、やらずにはいられない“伝統のお約束”が、京都大学にはあるのでしょうか?つい、また来年も期待してしまいます。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@ilove8818)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加