“平成”を逆さにすると“令和”に!『アンビグラム』デザインに反響「すべては繋がっているのですね」

“平成”を逆さにすると“令和”に!反転させても読むことができる『アンビグラム』というデザインを駆使した文字がTwitterで反響を呼んでいます。

ついに発表された新元号「令和」。この新元号にまつわる様々な話題が飛び交っている中、アンビグラムデザイナーの野村一晟さんが、自身のTwitterアカウントで驚きの作品を公開されました。

こちらが「平成」。この達筆の時点で既に見惚れてしまいますが… 驚きはここからです。

逆さに見てみると… なんと「令和」に!!

えっ何でこうなるの!?と、すごく不思議な感覚になりますよね。思わず、何回もひっくり返して見てしまいます。

野村さんが投稿されたアンビグラムデザインに対しては、タイムリー性も相まって多くの反響が寄せられていました。

確かに、時代と時代とのつながりをも感じさせてくれますよね。これぞ、まさに芸術!といった素晴らしい作品だと思います。

ちなみに、FUNDOでは以前にも野村さんの作品を以下の記事でご紹介しています。

「挑戦」をひっくり返して見ると「勝利」になる!?不思議なポスターが話題に!
「陽」に光を当てると「陰」の影が現れた…!逆さまにしても読める文字『アンビグラム』が面白い」

「陽」と「陰」のアンビグラムの時には、「陽」のオブジェに光を当てると、現れた影に「陰」という文字がうつる仕掛けでした。


出典:野村一晟さん提供

いずれの作品も大変興味深く、一見の価値アリです!アンビグラムの不思議な世界観に引き込まれていくはずです。

野村さんの作品はホームページに多数掲載されていますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください!

イッセイの村 – 野村一晟さん公式サイト

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@IsseiNomura)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事