アメリカで画期的な判決!犬や猫の保護活動にかかった諸経費を申告すれば税金控除されることに

2019.4.22

出典:ashinari.com

アメリカでのとある裁判の結果が話題となっています。判決により、犬や猫の保護活動にかかった諸経費を申告すれば税金が控除されることになるからです。ウォールストリートジャーナルが伝えています。

米・カルフォル二アの里親ボランティアが、アメリカ合衆国内国歳入庁との裁判での争いで勝利。アメリカで動物の救済に関わっている方々にとっては、吉報となりました。

出典:ashinari.com

承認された慈善団体は、非営利団体としてアメリカ合衆国内国歳入庁よって認識されている団体です。控除の対象となる助成費用は、食料、医薬品、獣医法案、木枠、ゴミ袋など。

里親ボランティアの自宅の特定の区域が動物の世話のためだけに使われ、他には何も使われない限り、公益事業の一部でさえ費用と見なすことができるそうです。

これまでは自腹で相当額を負担

動物を引き取って育てるため、ボランティアが自腹を切って負担している金額は、年間平均2000ドルから1万5000ドルだと言われています。

今回の判決により、ボランティアの方々の寛大さと優しさが報われることになり、良かったと思います。動物の保護活動に関わる人が増えそうですね。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:ashinari.com / ashinari.com / wsj.com

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加