どこかで見たことある景色だ…!マチュピチュの風景が「日本の温泉街」にしか見えなくてビックリ!


ペルーの世界遺産「マチュピチュ」といえば、インカ帝国の時代の遺跡が残る秘境として有名です。そんな標高3,400mに位置するマチュピチュに、実はとっても日本的な風景が広がっている場所があるそうです!

実際に足を運び、その街並みを撮影したAki(@shiki_no_kaze)さんも、「日本の温泉街にしか見えない」と呟いています。

▼ Akiさんが撮影した写真がこちら


えー、ほんと日本の温泉地にしか見えない(笑)川に掛かる橋、そして建物の色やアーケードの感じまで日本そっくり!

マチュピチュの開拓には日本人が関わったと言われていますが、その影響でこのような光景が広がっているのですかね。

いやしかし日本っぽい風景だな…どこの温泉街に似ているというのが正解なのでしょうか?

投稿に寄せられた声


熊本の杖立温泉、山形銀山温泉あたりが似ている気がする(笑)いやはや、でもこれだけ日本に似ていると親近感が湧いてきますよね。

マチュピチュに行ってみたいなぁ。でも日本とあまり変わらなかったりして…!?いつか現地に行って真相を確かめたいと思います!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@shiki_no_kaze)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加