ドイツの地方議会選挙でトップ当選した100歳の女性に称賛の声「自分なんて半人前以下だと痛感します」

2019.6.3


ドイツの地方議会選挙で100歳の女性が見事にトップ当選を果たし、政界へ進出することになりました!CNNが報じています。

こちらが今回、ラインラントプファルツ州キルヒハイムボーランデンの地方議会選挙で最多得票を獲得した100歳のリーゼル・ハイゼさん。


トップ当選ということも凄いですが、100歳での当選… 凄すぎます!表情からもエネルギッシュな方であることがうかがえます。

通っていたプールの再開などを訴える

ハイゼさんは、持続可能な開発や市民参加、若者の社会参加を訴える草の根団体に所属しているそうで、心身ともに快活。水泳が得意とのことで地元のプールに通っていたそうですが、2011年に残念ながら閉鎖。そのプールの再開をはじめ、若者や幼い子供達のクラブ運営を推し進めていきたいと訴えていたそうです。

健康維持や体力の向上、地域の人々のコミュニケーションなどの場としても、プールのような施設は重要ですよね。


寄せられていた声


若者の社会参加を促進するといった考え方が共感されたこともそうですし、100歳であることを感じさせないほどのモチベーションもあります。多くの人々を納得させるだけの魅力がある方なのだと思います。

何かに取り組み始めることに年齢は関係ないとはよく言いますが、ハイゼさんを見ていると本当にそうだなと感じます。地域をより良く変えていく政治に期待したいですね!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:cnn.co.jp / Twitter(@cnn_co_jp)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加