新入社員時代に毎日怒鳴られていた私…上司となった今、改めて思うことを表現した漫画に反響


新入社員時代に毎日怒鳴られていたというガンドマンタロウ(@daizya55)さん。上司となった今、改めて思うことを漫画にして投稿すると、多くの反響を呼んでいました。

厳しい職場で毎日怒鳴られていた…

こちらが話題となっている漫画です。ガンドマンタロウさんの当時の苦悩、そしてその時のことを反面教師にして今に生かしている様子が描かれています。




いかがでしたでしょうか?新入社員時代、同じような経験をされたという方は多いのではないでしょうか?

最初から良い上司に恵まれればそれに越したことはないですが、世の中にはいろいろなタイプの上司がいます。

ガンドマンタロウさんは、最初に入った会社に怒鳴り散らす上司がいらしたということで不運だったとは思いますが、ご自分が上司になられた時に生かすことで、当時の経験をプラスに変えていますね。

漫画には共感の声が多数


「怒鳴る方も疲れるし失敗した子も凹んで後々の作業に響くかもしれないから悪循環」「他人のせいにしないとストレスの行き場が無くなる」など、様々な声が寄せられていましたが、どれも一理あると思います。

雰囲気の良い会社がベスト

雰囲気の悪い会社の業績が伸びているという話はあまり聞きませんし、仮に伸びていたとしても一時的なもので、長続きはしないような気がします。

怒鳴りつけることで人を動かすこともできるかもしれませんが、そのことで言われた本人はもちろん、周囲で見ている他の社員もいい気分はしませんね。モチベーションが上がるはずもありません。

決して甘やかすわけではなく、部下を思いやり、しっかりとコミュニケーションを取りながら前に進んでいく姿勢が大切だと思います。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@daizya55)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加