まるでポパイみたい!屈強な肉体をもつホワイトハウスの料理人がめちゃくちゃ強そう

2019.6.18

出典:Instagram

厳しい料理人の世界では、細かい味の変化に敏感でなければならないのはもちろんのこと、繊細な作業を多く必要とし、器用さも求められます。

そんな中、1枚の写真がネットで話題になっています。そこに写っていたのは一人のムッキムキな男性がフライパンを持っている姿でした。

まるでポパイみたい(笑)ホワイトハウスの料理人がめっちゃ強そう


彼の名前はアンドレ・ラッシュさん。なんとホワイトハウスのお抱え料理人です!


この両腕が見るからにムキムキですね!!鋭い目つきと相まって、本当に強そうです!(笑)

こちらの写真もインパクトがすごい!!!


実はアンドレさんはアメリカ陸軍に24年間在籍していたそうで、なんと曹長まで勤めていたのだとか。(なるほど、通りで強そうなわけだ…)

軍を除隊後、シェフに転身したアンドレさんは今でも毎日ジムに通い、平日は2,222回の腕立て伏せをしているそうです。(す、凄すぎ…!)

そんなアンドレさんの得意料理はケーキなどのスイーツ。この強靭な肉体で繊細なデコレーションをするなんて…ちょっと可愛いですね。

アメリカ陸軍在籍時代はイラク派遣なども経験していた


現在ホワイトハウスの料理人として活躍しているアンドレさん。アメリカ陸軍在籍中にはイラク派遣なども経験していました。


しかし除隊直後にPTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩まされ、いまもなお大好きな料理や肉体を鍛えることを通じてPTSDを克服しようと頑張っています。

またそれだけでなく、退役軍人のための支援活動にも積極的に取り組んでいるそうです。

屈強な肉体を持つシェフのアンドレさん、これからも美味しい料理をたくさん作って多くの人に幸せを与えていってほしいですね。

アンドレ・ラッシュさんのInstagramアカウントはこちら

実際に料理している様子などを撮影したインタビュー動画もあるので、ぜひこちらもご覧ください。




 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Instagram(realchefrush) / YouTube(Why Chef Rush does 2,222 push-ups a day)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加