【貴重映像】ストロベリームーンのタイムラプス映像に反響「素晴らしい!こんな風に見て見たかった」

2019.6.19


「素晴らしい!こんな風に見て見たかった」。Twitterに投稿されたストロベリームーンのタイムラプス映像(静止画をつなぎ合わせて作成するコマ送り映像)が話題となっているのでご紹介します!



令和最初のストロベリームーン

「好きな人と一緒に観ると結ばれる」と言い伝えられている、ロマンチックな満月・ストロベリームーン。元号が変わり、最初の観測チャンスが6月17日(20時頃)でした。

そんなストロベリームーンを撮影され、タイムラプス映像で公開されたのがTwitterユーザーのHrkwphoto(@tatsuyahrkw)さんです。

通常の月よりも赤みががっている月が、山の上に確認できます。


先ほどまでは薄暗かった辺りが段々暗くなると、より鮮明な光を放ちます。赤みがかった月はとても幻想的で思わず見惚れてしまいますよね。


こちらがタイムラプス映像です。


夏至の時期は月が低く昇るため、大気の影響を受けやすくなっていることが月が赤みがかる要因とされています。映像を見ていると、大気の影響からか、途中で通常の月の色に変わる時間帯があることも確認できます。

Twitterに寄せられていた声

この映像を見たTwitterユーザーからは、「とても貴重なお月様を見て幸せです」「神秘的でめっちゃ綺麗ですね! 自然の素晴らしさに鳥肌立ちます」「この辺りは雲に隠れて見えなかったので、見せていただいてありがとうございます」「素晴らしい!こんな風に見て見たかった」など、多くの声が寄せられていました。




なぜストロベリームーン?

ちなみにストロベリームーンという呼び名は、アメリカ圏における“6月の満月”の呼び方だそうです。同エリアでは6月がイチゴの収穫時期にあたり、こう呼ばれているとのこと。ロマンチックなネーミングですよね♪

令和最初のストロベリームーンを見逃したという方は、Hrkwphotoさんのタイムラプス映像をぜひご堪能いただければと思います!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@tatsuyahrkw)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加