【衝撃】「小岩井農場」の名前の由来は小岩井町でも小岩井さんでもなかった!?


とろ〜り濃厚で美味しいヨーグルト商品など、全国的によく知られる「小岩井農場」さん。てっきり地名や農場経営者の人名からその名前が由来していると思っていませんか?

実は意外なところから名前が付けられている!とTwitterに驚きの声が上がっているのでご紹介します。

小岩井町でも小岩井さんでもない!?創業者三人の頭文字で「小岩井農場」

Twitterユーザーのkagshun/EMANON(@kagshuntravel)さんが投稿した小岩井農場さんの名前にまつわるエピソードがこちら。


へぇー!!小岩井町でも小岩井さんでもなく、創業者の井上さん・小野さん・岩崎さんの頭文字をとって「小岩井農場」だったとは全くの初耳です。

ヨーグルトの蓋部分でしょうか、かなり衝撃的な事実が書いてありますね!(笑)

知らなかった方も多いようで、コメント欄には驚きの声が多数集まっています。


小岩井農場の歴史を辿ってみると…


小岩井農場さんは1891年(明治24)に開設され現在まで100年以上もの歴史を誇るのですが、名前の由来となった共同創始者こそが小野義眞さん、岩崎彌之助さん、そして井上勝さんの御三方。

しかも、小野さんが日本鉄道副社長、岩崎さんが三菱社社長、井上さんが鉄道庁長官と、御三方それぞれが凄い経歴をお持ちだったようです!とはいえ、現在ではその名を知らぬ者はいないほど有名な小岩井農場さんですが、開設当時は基礎整備にかなりの時間を要し、その後ブリーダー事業からのスタートだったとのこと。物語がありますね~!

また、kagshun/EMANONさんの投稿に「東北の民であれば知らぬ者のいない」とありましたが、それもそのはず岩手県にある「小岩井農場」はかなり有名な観光スポット。動物との触れ合いや新鮮な乳製品を使ったグルメも楽しめるとのこと、機会があればぜひ訪れてみたいですね!

小岩井農場-公式サイト

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@kagshuntravel) / koiwai.co.jp

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加