「消防や警察という仕事に敬意を払う理由はこれだけで十分」業務の過酷さを物語る1枚の写真に反響

2019.10.7


緊急事態の際、現場に急行する消防や警察。実際に勤務されている方でないと、その大変さはなかなか分からないものですよね。

今回Twitterで話題となっているのは、とある消防署で撮影された光景。業務の過酷さを物語る1枚の写真に大きな反響が寄せられています。



これが敬意を払う理由


投稿されたのは、同消防署に職員研修の講師として滞在されているジミーちゃん 安全第一(@0816Jimmy)さん。こちらが話題のツイートです。




投稿されたのは、食べかけのカップ麺・どん兵衛とカップの写真。食べている途中に指令があり、現場に急行されたということが分かります。ラップがかけられたカップ麺をみると、その際の様子が想像できますよね。

どんな仕事にも緊急事態はつきものですが、消防の場合の緊急事態は人の命、さらには自分の命にも関わること。改めて大変な仕事なんだなということが、切実に伝わってくる1枚だと思います。

救急隊員を気遣う声


この投稿をみたユーザーからは、緊急隊員を気遣う声が多数寄せられていました。


しばらくしてから若い救急隊員が戻ってきて、のびた麺を食べていたとのこと。そういう話を聞くと、新しいカップ麺でもゆっくり食べてほしいなと思ってしまいますね・・。




新しいどん兵衛を差し入れ


ユーザーからの声に応えて、ジミーさんは新しいどん兵衛を差し入れされたそうです。


新しいどん兵衛を手にした救急隊員の方。このように動いてくださる方がいるからこそ、私たちは安心して生活できていることに、改めて感謝しなければいけませんね。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@0816Jimmy)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加