「図柄入りナンバープレート」第二弾の交付が2020年5月から開始!全国17地域の図柄を発表!

2019.10.26


2018年10月1日から、全国41地域において交付が始まっている「図柄入りナンバープレート」

その第二弾として、17地域の「地方版図柄入りナンバープレート」のデザインが発表されました!



各地域の特色を表現したデザイン


図柄入りナンバープレートは、国土交通省が「走る広告塔」としてのナンバープレートの機能に着目して考案されたもの。各地域の特色を表現したデザインが好評を博していました。

41地域の図柄入りナンバープレート(2018年10月1日交付開始)

そして今回発表されたのは、新たな地域名表示による17地域の地方版図柄入りナンバープレートです。

こちらは北海道、東北、関東の各地域。知床の雄大な自然や弘前の桜など、それぞれの特色が表現されていますね。

出典:mlit.go.jp

そして、こちらが関東、北陸信越。市原のプレートには、小湊鉄道がさりげなくデザインされているなど、随所にこだわりが感じられます。

出典:mlit.go.jp

中部、近畿、中国、四国も各地域の特色が出ています。出雲の八岐大蛇などは、躍動感があってカッコいいデザインですね!

出典:mlit.go.jp




交通改善などに役立てられる


フルカラーの図柄入りナンバープレートについては、寄付金(1,000円以上)をお願いしているとのこと。集まった寄付金は導入地域の交通改善や観光振興といったものに対する支援に役立てられるそうです。

地域をアピールできるナンバープレートをつけて走り、自分の住んでいる地域にも貢献できるなんて、素敵なアイディアだと思います!

つけて走って広げよう、地域の魅力!~新たな地域名表示による地方版図柄入りナンバープレートのデザイン決定~ – 国土交通省

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:mlit.go.jp

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加