こんな使い方もあるんだね!ドローンで寝ている牛を効率良く起こしていく光景が話題に!

ドローンには様々な使い道がありますが、酪農において、こんな風に役立てられているとは思いませんでした。

今回Twitterで話題となっているのは、広大な敷地を飛び回るドローンが、くつろいだり、寝ている牛を次々に起こしていく様子です。

こういう使い方もできるのか!

投稿されたのは、北海道の十勝南部で酪農を営まれているしんちゃん(@shin_chang_1024)さん。こちらがドローンで撮影された動画です。

ドローンが近づいていくと、「うわ、こっちに来た!」という感じで牛がすかさず立ち上がります。

ドローンが怖いのか、来たら搾乳の時間だということを認識しているのか、とにかくドローンが近づくと面白いようにすくっと立ち上がっていきます。

搾乳のため、多数の牛が牛舎に戻っていきます。広大な敷地を歩いて起こしたり、犬と一緒に起こしにいったりするよりも効率的ですよね。

こちらが動画です。

しんちゃんさんは、たまたまこういう使い方をしてみたら上手くいったとのこと。ドローンでこんなに牛追いがラクに効率的になるのですね。

画期的な使い方に感心する声

この動画に対しては、なぜドローンが近づくと牛が起きるのか?とった質問など多くの声が寄せられていました。

朝の搾乳前の牛追い

ちなみに、こちらは朝の搾乳前の牛追い。昼間のうちに、放牧地の中を高度3~5mを維持したまま飛び回る様に設定しておけば、あとはドローンが牛追いをやってくれるそうです。

本当にドローンを有効に活用した好事例ですよね。このように活用することで、今まで牛追いに割いていた時間で別のことができますし、とても効率的ですね!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@shin_chang_1024)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事