紅葉からひょっこり顔を出す姿が可愛らしいと話題に!おびひろ動物園のエゾタヌキ

2019.11.18


北海道帯広市の「おびひろ動物園」には、可愛らしい動物がたくさん暮らしています。

今回話題となっているのは、そんな動物園で暮らす2匹のエゾタヌキ。紅葉からひょっこりと顔を出す姿がとっても可愛らしいんです!



見ているだけで癒される


投稿されたのは、おびひろ動物園の公式Twitterアカウント。こちらが反響を呼んでいるツイートです。





ただでさえ可愛らしいエゾタヌキが、紅葉に埋もれてますますキュートな姿に(笑)。2枚目の頭に紅葉をちょこんとのせている様子もお茶目ですよね。

そして、ふかふかの紅葉の中はあったかそうです。北海道のエゾタヌキは本州のホンドタヌキとは違い、冬ごもりをするそうです。大量の落ち葉は寒さをしのぐ上で欠かせませんね。

▼ こちらは動画です。


紅葉に埋もれながら何を想っているのか・・。つぶらな瞳といい、ついついリピートして見たくなってしまう可愛さですね。




冬眠するわけではない


ちなみに、エゾタヌキは冬ごもりはしますが、冬眠するわけではありません。巣穴の中でじっとしながら寒さをしのぎ、秋に蓄えた皮下脂肪を消費しながら春を待ちます。

また、低音で「ミャー」や「ミャーウオ」と鳴く場合があるそうです。可愛らしいエゾタヌキを見たいという方は、同動物園を訪れてみてはいかがでしょうか。

ただ、現在は閉園中。2019年12月1日~2020年2月29日の土日祝日のみ開園する予定なのでご注意ください。

おびひろ動物園 – 公式サイト

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@obihirozoo)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加