「ストライプ」と「ボーダー」、この2つの模様に違いはある?実は「ボーダー」は模様のことを指していなかった?!

「ストライプ」と「ボーダー」、どちらも縞模様を指しており、同一のもので違いはないようにも見えますよね。
しかし、ボーダー柄というのは、海外では通用しない言葉だったりします。

そこでここでは、「ストライプ」と「ボーダー」の違いについて見ていきましょう。

ストライプ柄とボーダー柄とは?

日本では洋服などのデザインを表す言葉として用いられることが多いストライプとボーダー。
それぞれ縦縞、横縞と理解している人も多いのではないでしょうか。

ストライプはシャツに入っている縦縞のイメージが強いですし、ボーダー柄のTシャツも幅広い世代で人気がありますよね。
でもこの発想、実は日本特有のものだったりします。

では英語でのそれぞれの本来の意味は、日本とどう違うのでしょう?

ストライプとは

 

ストライプは英語では縞模様のことを言います。
縦でも横でも斜めでも、縞模様であればストライプです。

日本と違うのは、1本でもstripeとなるという点です。
複数の縞模様が入っているものは、正しくはstripesとなります。

lineとの違いは、ストライプがデザイン的に使われる線であることです。

ボーダーとは

 

ボーダーというのは英語で言うborderのことで、国境や境界線のことです。
またヘリやフチという意味もあり、ファッション的な意味合いとしては袖口や襟、裾などに線が入っているデザインのことを言います。

ボーダーには縞模様という意味はなかったんですね!

横縞縦縞の違いというのは日本的

横縞の模様のことをボーダーと呼ぶのは和製英語で、日本のみで通用するファッション用語なんです。
日本以外の国でボーダーのTシャツというと、首元や袖、裾の部分などに横線が入ったデザインを想起されるので、しましまの横縞を想像して話してもわかってもらえず話が通じないのだとか。

日本でボーダーが縞模様を示す理由

 

では、日本では横縞の模様のことをボーダーと呼ぶようになったのでしょうか。

ファッション用語として欧米では縁と平行にラインを入れた柄をボーダーと呼びますが、これを日本人が横縞のことと勘違いしたのが始まりとされます。
そうして、横縞のデザインのことをボーダーと誤用するようになったと考えられているそうです。

基本縞模様はストライプ

 

縞模様はすべてストライプです。
これはもちろん海外でも通じるファッション用語です。

もっと厳密に言うと、横縞はhorizontal(ホリゾンタル) stripe、縦縞はvertical(バーティカル) stripe、斜めの縞模様はdiagonal(ダイアゴナル) stripeと言います。

日本でも、ピンストライプのシャツなどと言うように、細いストライプをPencil(Pin) (ペンシル・ピン)Stripe、太いストライプをBlock(ブロック) Stripeといった詳しい呼び名が設けられています。

まとめ

ボーダーは、日本人にしか通じない和製英語です。
しかし、横縞のTシャツをストライプTシャツと言われても、正直しっくりきませんよね。

海外にいるときは別として、日本で暮らしているなら、やっぱりストライプとボーダーで使い分けるのが一番わかりやすいなと思ってしまいました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事