「しらたき」と「糸こんにゃく」の違いを知っていますか?実は明確な違いがあるのです!

2019.12.2

sirataki
お鍋や肉じゃがに欠かせない「しらたき」「糸こんにゃく」。どちらもこんにゃくを細くしたもので見た目も味も全く同じですが、違いをご存知でしょうか?

この二つの明確な違いは何かと誕生の歴史を調べたら、かつては違う食べ物だったことが判明したのです。

今回は「しらたきと糸こんにゃくの違い」や「呼び名が二つある理由」について解説いたします。



「しらたき」と「糸こんにゃく」

sirataki
しらたきと糸こんにゃくは、同じ食べ物です。

潰したこんにゃくまたは粉状にして凝固剤を混ぜゆるく固めたこんにゃくを、小さな穴から押し出すことでチュルチュルッとした細麺のような形状に作り上げています。

色の違いというのは間違い

 

しらたきも糸こんにゃくも、こんにゃく芋を元に同じ製法で作られている同じ食べ物です。

白色っぽい方がしらたきで黒色っぽい方が糸こんにゃくだといわれますが、それは間違いですよ。きっと、それぞれの名前の特徴からそう思われるのでしょう。

ちなみに現在ではほとんどが白色で、これは潰したこんにゃく芋ではなく、粉状にし固めたこんにゃくから作られているそうです。黒っぽい色を出したいときは、海藻の成分を混ぜ合わせて作ります。

現在では同じもの


しらたきと糸こんにゃくは、食文化がグッと進んだ江戸時代に生まれた食べ物です。当時は、それぞれ作られた地域と製法が違うため別の食べ物でした。しかし、現在ではどちらも同じ食べ物として扱われています。

「しらたき」は主に関東で


江戸時代の関東地方では「しらたき」を食べていました。作り方は現在と同じ「ところてん方式」で、こんにゃくを小さな穴から押し出す方法です。その様子が「白い滝のよう」に見えることから「しらたき」と名付けられました。

「糸こんにゃく」は主に関西で


江戸時代の関西地方では「糸こんにゃく」を食べていました。作り方は、硬めの板こんにゃくを包丁で糸のように細く切る方法です。この「板こんにゃくを糸にする」というところから「糸こんにゃく」と呼ばれるようになったのです。

今も昔も、言葉遊びの延長で物の名が付けられることは多いですが、しらたきと糸こんにゃくもその仲間だったんですね。




元々は別のものだった!

sirataki
かつて作り方が違う頃は、見た目にも違いがありました。

しらたきは元々今と同じ


昔のしらたきは、こんにゃくを作る段階のまだ柔らかい状態のときに穴から押し出して作っていました。現在は、こんにゃくを乾燥させて粉状にし石灰水を混ぜゆるく固めたものから作っていますが、小さな穴からこんにゃくを押し出して熱湯で固める方法は今も昔も同じです。穴の大きさから、2~3mmの太さに出来上がります。

糸こんにゃくは今とは違った!


糸こんにゃくはしらたきとは逆で、硬い板こんにゃくから作られていました。板こんにゃくを包丁で糸状に細かく切るのです。そのため出来上がりはしらたきよりも少し太く、5~8mmでした。

かつては、しらたきと糸こんにゃくの太さが違っていたのです。現在でも「細い方がしらたきで太い方が糸こんにゃく」といわれることがありますが、昔の製法ではその通りだったんですね。

現在の呼び名は地域差が大きい

tiikisa
時代の移り変わりで現在では同じ製法の同じ食べ物ですが、昔の名残から関東で作り販売されるものは「しらたき」、関西で作り販売されるものは「糸こんにゃく」と名付けられています。

しかし、現代のスーパーや百貨店ではさまざまな食材が売られているため、昔ほど地域差を感じられなくなっているかもしれませんね。

まとめ

sirataki
同じ食べ物なのに「しらたき」「糸こんにゃく」と呼ばれているのは、江戸時代から続く関東と関西の食文化の名残だったんですね。

言葉の疑問を解きほぐしてみると意外な事実が発見され、歴史が面白くなってくるものです。

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加