トルコキキョウの花言葉は?実はトルコ原産でもキキョウでもない!

トルコキキョウという花をご存知ですか?花好きであれば知る人ぞ知る花ですが、どんな花なのかわからない人もきっと多いはず。

そこで今回はトルコキキョウがどのような花なのかと併せて、花言葉もご紹介します。実はトルコ原産ではないしキキョウでもないこの花……一体何者?!

トルコキキョウ

トルコキキョウはユーストマ属リンドウ科の多年草植物であり、見た目はバラなどにも引けを取らない美しさです。そんなトルコキキョウはどんな花なのでしょうか?

どんな花?

トルコキキョウは気品さと上品さが溶け合った爽やかな花です。バラと見間違うほどの華やかさが特徴と言われており、花屋などでも実は人気のある品種と言えます。

そのエレガントでシックな美しさから、結婚式のブライダルフラワーなどにも採用されることがあるなど、利用される場は幅広いですね。もちろん、プレゼントに贈るのもあり。

結婚式では花嫁のブーケとして「永遠の愛」や「花嫁の感傷」や「変わらぬ美しさ」などの意味が込められているため、ゲットできた人には幸運が訪れるかもしれません。

原産

トルコキキョウは名前からしてトルコ原産だと勘違いしている人も多いですが、実はアメリカやメキシコなどの北米が原産です。主に北米大陸に分布していることもあって、実はトルコとは関係ありません……日本人が勝手に名付けただけなのです!(笑)

日本では1970年代以降に品種改良が進んだことで、様々な品種のトルコキキョウがあります。事実、日本産のものは欧米でも高い評価を得るなどその美しさは一級品。ただ、トルコ原産ではないのでそこは注意しましょう。

開花時期

トルコキキョウは初夏から秋にかけて開花するのが特徴で、毎年5月~9月に花を咲かせます。時期的にも春や夏の花として印象が強く、秋を迎える頃には徐々に花を閉じていきます。

別名

トルコキキョウは別名でリシアンサスやユーストマと呼ばれており、分類として見るとまた違った別名で呼ばれることがあります。日本でもトルコキキョウだけではなく、トルコギキョウとも呼ばれるなど、呼び名に関しては定まっていません。

トルコキキョウの花言葉

トルコキキョウにも花言葉があります。その言葉は基本的にはポジティブなものばかりなので、人に贈る場合も心配は無用です。ただ、意味を知ってから贈るとまた違ってくるので、不安ならここから紹介する花言葉を確認しておきましょう!

全般的な花言葉

トルコキキョウには「清々しい美しさ」「良い語らい」「優美」「希望」という花言葉があります。どれもその美しさが由来となっており、ぴったりな花言葉ばかりですね。

また、英語圏では「感謝」や「穏やか」という意味もあるなど、トルコキキョウはどの国でも良い意味を持つ花となっています。事実、海外では贈り物としてトルコキキョウをプレゼントすることも多いです。

色別の意味

トルコキキョウは品種改良によって様々な色があるのですが、その色ごとにも花言葉が違ってきます。ここからは色別の意味を紹介するので、そちらも確認しておきましょう。

白いトルコキキョウは「良い語らい」「希望」「思いやり」「清々しい美しさ」などの意味があります。純白のトルコキキョウはその美しさから清々しさを演出してくれる花。

ピンク

ピンクのトルコキキョウは「優美」という意味があります。トルコキキョウ全体の花言葉にもこの意味はあるのですが、ピンクのトルコキキョウはその意味がさらに強いと言われています。

紫のトルコキキョウには「希望」という意味があります。これは他の花言葉とも同様ですが、より強い信念のようなものを感じさせるものです。

トルコキキョウの不思議

トルコキキョウは不思議なことがいっぱい詰まっています。「そもそもトルコ原産ではないって本当?」「キキョウですらないって本当なの?」という疑問があります。

実はキキョウではない

トルコキキョウは本当はリンドウの仲間です。そのため、厳密に言えばキキョウではありません。なぜキキョウと呼ばれているのかというと、それは育ち方が似ているためです。

トルコ原産でもない

これは先ほども解説しましたが、トルコキキョウは北米原産です。トルコで生まれたものではないので、トルコの花だと思っている人は注意が必要ですね。

名前の由来

それではなぜトルコキキョウと呼ばれるようになったのでしょうか。それを紐解くには名前の由来を知っておくことが重要です。

由来は諸説あり

トルコキキョウがなぜトルコキキョウと呼ばれるようになったのかは諸説あるため、確かなことはわかりません。ただ、いくつかの説があるのでここから紹介します。

花がトルコ人のターバンに似てた説

トルコキキョウは花びらがトルコ人のターバンに似ていたことから、トルコキキョウと名付けられたという説があります。

トルコ石のような色説

トルコキキョウの中でも有力な説と言われているのが、色がトルコ石に似ていたという説ですね。特に青いトルコキキョウがトルコ石のようだったことからそう呼ばれるようになったのだとか。

色が地中海を連想させる説

トルコキキョウは色が鮮やかということもあり、地中海を連想させます。その淡いながらも美しい色合いは地中海の雰囲気にもぴったり。この説も意外と有力です。

キキョウじゃないのにキキョウ

トルコキキョウはキキョウという名前が付けられているにも関わらず、キキョウではありません。でも名前はキキョウ……謎は深まるばかり。

でも、これは咲き方がキキョウに似ているからだと言われています。個人的には分類が違うのだから他の名前を付けた方が良いと思いますけどね!(笑)

まとめ

花屋でもたまに見かけることがある他、結婚式などでも見かけるトルコキキョウはその美しさが特徴です。しかし、実はトルコ原産でもキキョウでもありません。そんなちょっと不思議な花。興味があれば自宅に飾ってみてはいかがでしょうか。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事