【干支と時間】どの干支が何時を示すのか?あなたは答えられますか?

丑の刻参り

「丑の刻参り」と言えば、恨みを込めた藁人形を釘で打ち付ける恐ろしい儀式。

これを行う「丑の刻」というのは、昔の時間の基準によると午前1時~3時を指す言葉なのだそうです。昔は干支で時間を表していたんですね!

では、他の時間は干支ではどのように示すのでしょうか?

干支で示す時間とは?

干支「丑」のイラスト

干支で時間を表す「十二時辰」は、江戸時代の日本などで使用されていた時間の表し方。1日をおよそ2時間ずつの「時辰」で表し、12の区分に分ける方法です。

それぞれの時辰には「子・丑・寅・卯……」といった干支の名前が冠されており、その時辰の中をさらに細かく区分するなどしていました。

十二時辰(じゅうにじしん)とは

十二時辰では、「初刻と正刻」「上刻・中刻・下刻」「1つ・2つ・3つ・4つ」という考え方に従って、時間をおよそで区分します。

初刻と正刻

各時辰が始まる最初の時刻を「初刻」と言い、各時辰の中間を「正刻」と言います。

例えば、現代では午後11時~午前1時までの間に当たる「子の刻」の場合、午後11時の始まりを「子の初刻」と言い、午前0時を「子の正刻(正子)」と言います。

上刻・中刻・下刻

各時辰を3つに分ける時の、各区分の呼び方です。およそ40分ごとに分け、子の刻の場合はそれぞれ「子の上刻」「子の中刻」「子の下刻」と言います。

1つ・2つ・3つ・4つ

各時辰を4つに分ける方法の際に使われる、各区分の呼び方です。それぞれ30分ごとに分け、子の刻の場合なら「子一つ」「子二つ」「子三つ」「子四つ」と言います。

「草木も眠る丑三つ時」などの成句にも使われているので、親しみのある方も少なくないかもしれませんね。この場合、「丑三つ」は現代の時間では深夜2時~2時30分の辺りを指します。

それぞれの干支の示す時刻

書初めをする酉のイラスト

それぞれの干支が示す時刻は以下のようになります。自分の干支が何時なのか探してみるのも楽しいかも!

子の刻(ねのこく)

23時~深夜1時

丑の刻(うしのこく)

深夜1時~3時

寅の刻(とらのこく)

深夜3時~5時

卯の刻(うのこく)

早朝5時~7時

辰の刻(たつのこく)

朝7時~9時

巳の刻(みのこく)

朝9時~11時

午の刻(うまのこく)

11時~13時

未の刻(ひつじのこく)

13時~15時

申の刻(さるのこく)

15時~17時

酉の刻(とりのこく)

17時~19時

戌の刻(いぬのこく)

19時~21時

亥の刻(いのこく)

21時~23時

お昼の正午の語源でもある

お昼のイラスト

十二時辰を語源とする言葉には、現在も使われているものもあります。一番有名なのが、お昼を指す「正午」。その語源とは?

正子(しょうし)と正午(しょうご)

「正午」の語源は、午の刻の正刻です。既にお話したように、時辰の真ん中の時間を「正刻」と呼びます。

深夜の0時を子の刻の正刻として「正子」と呼ぶとお話しましたが、それと同じように昼12時を示す午の刻の正刻「正午」と呼ぶのだそうです。

昔の時間は一定じゃない?

時計のイラスト

ここまで解説してきた十二時辰ですが、実は当時の時間は現代のように一定ではなかったんだとか!?

不定時法を採用していた

当時の日本では、日の出や日の入りを基準とした不定時法を採用していました。不定時法とは、昼と夜をそれぞれ6等分し、6等分に分けた刻に干支を配置しました。そのため、今のように時間が一定ではなかったのだそうです。

夏の昼は長く冬の昼は短い

 日の長さは、季節によって変わってくるものです。夏場は日の入りが遅く、冬場は日がすぐに落ちてしまいます。そのため、一刻の時間は夏の昼はやや長く、冬の昼はやや短かったのだそうです。

例:ある冬の一日 
日の出が6:30で日の入りが16:30の場合、 
日中の時間は6:30~16:30の10時間 
夜の時間は16:30~6:30の14時間となります。 
 
不定時法の場合、昼夜をそれぞれ6等分した時間を1刻としますので日中は10時間を6等分し、一刻が100分となります。 
夜は14時間を6等分し、一刻は140分となります。

【まとめ】干支と時間の意外な関係!

干支「亥」

干支と時間に相関関係があったなんて、知らなかった方も少なくないのではないでしょうか?昔と今では、1日の長さや時間の考え方も全然違うんでしょうね!

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事