その年が干支にあたる人の事を「太歳」ともいうけど、太歳とはなんのこと?

その年に干支に該当する人、つまり年男・年女と呼ばれる人をを「太歳」と呼ぶことがあります。
この「太歳」、もともと中国における想像上の惑星をあらわす言葉でした。

ここでは、そんな太歳についてご紹介します。
古くは神様や妖怪、霊薬としても扱われていました。
そのため、ここではそれらの歴史についても解説します。

太歳とは

まずは、「太歳」とはどのようなものをあらわすとされてきたのかを見ていきましょう。

古代中国で生まれた想像上の惑星「太歳」

太歳は、古代中国における木星の鏡像となる仮想の惑星のことです。
古代中国の天文暦学において設けられた、想像上の惑星となっています。

木星は天球上を西から東に約12年で1周する、つまり公転周期が12年の惑星です。
この天球を赤道沿いに12等分したものを十二次と呼びます。

つまり木星は、この十二次の上を1年に1次ごと進むという事になります。

この十二次は、西から東に天球を分割したものです。
そのため、地上の方位である「十二辰」とは逆方向となります。

これが不便だったため、天球上における木星の軌道の対称となる位置に惑星があるという事にしました。
それが東から西へ移動する仮想の惑星「太歳」となります。

その年の干支の人を「太歳」とも呼ぶ理由

太歳は古代中国では仮想の惑星とされています。
しかし、その年の干支の人を指して「太歳」と呼ぶこともあります。

干支と太歳の関係

木星の動きと対となる太歳は、東から西へと動きます。
これは、地上の方位である「十二辰」の動きと同じになります。

しかも、「十二辰」はそれぞれの方位に干支を当てはめていました。
「子」は北、「午」は南といった具合です。

そして、この十二辰、奇しくも十二次の数と同数となっていました。
そこから、その年に太歳があるとされる位置も干支で言いあらわされるようになったとされています。

これが更に、年をあらわす干支にも転用されるようになったことで、その年の干支の人のことを太歳ともいうようになったともされています。

太歳は神様の事でもある

この太歳、生活にも関わる存在だったからか神様として信仰される事もありました。

神としての太歳「太歳神」

太歳神を神とした「太歳神」とは、陰陽道における方位神のうちの一柱です。
同じく方位神にあたる太陰神の夫ともされています。

この太歳神は、木星の精として崇められていました。
樹木や草木の性質があり、在位する方角に植物を植えると吉、その方角の植物の伐採や草刈りをすると凶事となるとされてきました。

太歳神が司る方角

そして、太歳神の在位する方角は、その年の十二支の方位と同じ方角です。
これが、その年の干支の人を「太歳」と呼ぶようになった理由ともされています。

妖怪や霊薬ともされる「太歳」

太歳は、妖怪や霊薬としても扱われることがあります。
ここからは別角度から見た太歳について見ていきましょう。

妖怪の「太歳」

太歳は、中国では妖怪の一種ともされています。
これは地中に棲む怪物で、赤い菌のような肉塊の姿とされます。

しかも、人の言葉を話すとも言われています。
一説によれば、体中に数千もの目を持っているともいわれています。

この太歳は、土木工事をする際に土中で見つけても、決して掘り起こしてはならないとされています。
北宋時代にまとめられた「太平広記」という物語では、太歳を地下から掘り起こしたため、一族滅亡となったという説話が記されています。

実は、日本でも徳川家康が太歳に遭遇したとされています。
歴史書にも「肉人」という記載があり、これが太歳の事なのではとされています。

霊薬ともされる「太歳」

太歳は、霊薬と呼ばれることもあります。
霊薬における太歳はマンネンダケ科のキノコのことなのだとか。

このキノコは、別名で「肉霊芝」とも呼ばれています。

見た目は、スライムやクラゲのようにブヨブヨとして奇妙なものとなっています。
色も茶色や黒色、クリーム色などかなりグロテスクです。

この太歳とも呼ばれるキノコ、かつては食べると不老不死になると信じられていました。
そのため、不老不死を求めた秦の始皇帝もこの「太歳」を探し求めていたと「史記」という歴史書に記されているそうです。

まとめ

その年の干支の人を指すこともある「太歳」。
これはもともと、古代中国で仮想の木星を指す言葉でした。

また、時に「太歳神」という信仰の対象としても崇めていたとされていました。
その他にも、妖怪や霊薬としても語り継がれています。

関連記事はこちら

七福神ってどんな神様?それぞれの名前やご利益をご紹介

【日本三大金運神社】金運にあやかりたいならここ!ご利益があると有名な神社をご紹介

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事