一体なぜ!?中のビーカーが埋もれるほど油を注いでいくと・・ビーカーが見えなくなった!

2019.12.19


小学校の理科の実験で目にした様々な不思議体験。そんなことを思い出してしまうような不思議な現象がTwitterで話題となっているのでご紹介します!



一体何が起きたんだ!?


反響を呼んでいる動画は、Interesting Engineeringのアカウントが投稿したもの。思わず目を疑ってしまう動画がこちらです。

大きなビーカーの中にある小さなビーカー。小さなビーカーに油を注いでいきます。

出典:Twitter

小さなビーカーは油で満杯になりますが、引き続き注いでいきます。

出典:Twitter

出典:Twitter

外側にあふれた油が小さなビーカーの高さをこえると、なんと見えなくなってしまいましたっ!!

出典:Twitter

しかし、ビーカーは見えなくなってはいますが無くなったわけではなく・・。手を入れてみると、小さなビーカーは確かにありました!

出典:Twitter

これ、めちゃめちゃ不思議ですよね!?何でこうなったのでしょうか。こちらが動画です。





ガラスと油の屈折率によるもの


実はこれ、ビーカー(耐熱ガラス製)の屈折率が油とほぼ等しいために起こる現象とのこと。屈折率が同じだと、油の中で「物体」として認識できなくなってしまうのだそうです。

まるで魔法をかけたような感じの現象で、自分の目を疑ってしまいますよね!動画も思わずリピート視聴してしまいます。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@IntEngineering)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加