「おば」の漢字「伯母」「叔母」には実は明確に違いがあった!

結婚式で集まる親戚

両親の女性の兄弟を示す言葉、「おばさん」

口に出して話している時はあまり気にならないかもしれませんが、文章で書いた時などには「叔母さん」「伯母さん」という2つの漢字を使う場合があります。よく考えたら、不思議ですよね。

「おば」という言葉には、どうして2つの漢字があるのでしょうか?意味に違いはあるのでしょうか?

叔母・伯母とは?

疑問を抱く伯母さんのイラスト

まず最初に、「叔母」「伯母」という言葉の基本的な意味を確認しておきましょう。

両親の姉 or 妹を指す言葉

「叔母」「伯母」ともに、「おばさん」と呼ばれる人は両親の姉や妹など、女性の兄弟を指す言葉です。

どちらも読み方は「おば」と読みます。字は違いますが、同じ意味の言葉だと認識してる人が多いのではないでしょうか?でも実は、明確に誰を指すのかで漢字を使い分けているんです!

両親の兄弟の嫁も「おばさん」

両親から見てきょうだいに当たる女性全般を「おばさん」と呼ぶため、両親の男兄弟のお嫁さんも「おばさん」と呼びます。両親の実の姉妹だけでなく義理の姉妹にも適用されるということです。

そのため、両親の広い意味でのきょうだいを指す「おばさん」に当たる人は、場合によっては自分より年下だったり、年齢がそれほど変わらない場合もあるんですよ。

叔母と伯母は別人!

驚く男性

両親の姉妹を指す言葉である「おば」ですが、「叔母」「伯母」と漢字が変わると、実は全くの別人を指す言葉になるんです!

示している人がまったく別

伯母の場合

「伯母」は、両親の姉(親から見て年上の姉妹)を指す言葉です。また、両親の兄のお嫁さんにも「伯母」の文字を当てます。

叔母の場合

「叔母」両親の妹(親から見て年下の姉妹)を意味します。両親の弟のお嫁さんも「叔母」と呼びます。

血縁関係のない場合は「小母」

自分と血縁関係のない、だいぶ年上の女性に使うことが多い一般的な「おばさん」という呼称の場合は、「小母さん」という漢字を当てるのだそう。

中国の兄弟の数え方に由来

中国語のイメージイラスト

この「伯母」「叔母」という漢字の分け方には、中国の兄弟の数え方が由来しているのだとか。

伯・仲・淑・李

日本の場合は長男・次男・三男・・・と数えますが、中国の場合は、一番年上のきょうだいが「伯(はく)」、二番目が「仲(ちゅう)」、三番目が「淑(しゅく)」、末っ子には「季(き)」という漢字が当てられました。

そこから、親から見て年上のおばさんには「伯」、年下のおばさんには「淑」の字が当てられるようになったんです。

この中国でのきょうだいの呼び方は、四字熟語「実力伯仲」の語源にもなっています。

実力伯仲

四字熟語の「実力伯仲」は一番上の伯と二番目の仲ではそんなに年も変わらないため、そんなに差はない、似たり寄ったりだということから、優劣をつけるのが難しいさまを指す四字熟語になります。

この四字熟語は伯仲を白昼と勘違いされ、実力の差が明白というような真逆の意味と勘違いされやすい言葉でもあるので、注意しましょう!

伯父と叔父も同様

おじさんのイラスト

ここまでおばさんの話ばかりしてきましたが、両親の男兄弟を指す「おじ」にも、同様に「伯父」「叔父」という漢字があります。

これらもおばさんの場合と同様に、親より年上の兄弟(または親の姉の旦那さん)の場合は「伯父」が当てられ、親より年下の兄弟(または親の妹の旦那さん)の場合は「叔父」の字が当てられます。

【まとめ】伯母と叔母、どう違う?

驚いている伯母さんのイラスト

日頃あまり気に留めない「伯母」と「叔母」の違いですが、こんなに明確な違いがあったんですね!このような言葉の違いも、ちょっと調べてみたら面白い事実がわかるかもしれませんよ。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事