まるで絵画みたい!三重県の桜並木を撮影した写真がめちゃくちゃ美しいと話題に

春といえば桜の季節ですが、三重県松阪市の笠松河津桜ロードでは2月後半から3月上旬にかけて河津さくらが見頃を迎えます。

先日、そんな同スポットで撮影を行った写真家のふがまるちゃん(@fugaemon)さん。なんと、絵画のようなめちゃくちゃ美しい写真が撮れてしまいました!

素晴らしいパーフェクトショット!

ふがまるちゃんさんが撮った素晴らしいパーフェクトショットがこちらです。

白い雲が浮かぶ綺麗な青空と、河津さくらが満開に咲き誇る美しい並木道。しかも、その二つが水面鏡に映し出された、絵画かと思うような幻想的でめちゃくちゃ美しいショット。これは”たぶん”ではなく、”確実に”やばいのが撮れてます!

じっくり眺めてみると、春の訪れを感じさせる鮮やかな色彩、そして自然の力強さ、生命力が感じられるさわやかで、どこか懐かしさも感じる風景。これをパーフェクトな一枚に切り取ったふがまるちゃんさんの技術とセンス、お見事です。

また、カメラ好きさんは機材や加工について気になるかと思いますが、そちらについて詳しく説明されています。

そして、今回のこの写真を「待受けにしたい」と思った方に朗報です!

三重県の写真素材を無料ダウンロードできる三重フォトギャラリーにて、大変有難いことに画像が無料配布されています。ぜひチェックしてみて下さいね。

三重フォトギャラリー - ウユニ笠松

筆者も早速、春用のスマホの待受けとして使わせて頂きます♪

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@fugaemon)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事