火星の表面がくっきりと見える!NASAの火星探査機が約18億ピクセルのパノラマ写真を公開

多くの謎に包まれた宇宙、そして惑星。そこに水があるのか?生物がいるのか?どんな地形をしているのか?など、私たちの興味はつきません。

今回ご紹介するのは、NASAの火星探査機が公開した18億ピクセルのパノラマ写真。火星の表面などがくっきりと見え、まるで火星に降り立ったかのような感覚になります!

1,000枚以上の画像で構成

公開されたのは、火星探査機「キュリオシティ」が探索している「グレントリドン」と呼ばれる地域。

探査機を固定し、2019年11月24日〜12月1日までの間に1,000枚以上の画像を撮影し、それらを合成。周囲の光景がわかるパノラマ写真となっています。


出典:YouTube

こちらが火星探査機「キュリオシティ」。探査機の映りも鮮明ですよね。


出典:YouTube

チューブやワイヤーなど各部の名称も説明。サビている部分もはっきりと確認できますね。


出典:YouTube

ちなみに、画像はこのような形でつなぎ合わせているそうです。約18億ピクセルというだけあって、火星の様子がリアルに伝わってきますよね。


出典:YouTube

圧巻のスケール

こちらは大きなクレーター。画像では分かりにくいですが、直径が4.8kmもあるそうです。火星のスケールの大きさが伝わってきます。


出典:YouTube

大古の昔、火星には水が存在していたという説や、数年に一度砂嵐が吹き荒れるといった説もありますが、すべては諸説でありはっきりと解明されているわけではありません。


出典:YouTube

ただ、水があったのであれば生物は存在したのか?など、色々と想像が広がりますよね。今後も継続されていく「キュリオシティ」による探査活動で、何かしら解明してくれることを期待しましょう!高解像度の火星の画像は、ぜひ動画でもご覧ください。

動画はこちら

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:YouTube(Curiosity Mars Rover Snaps 1.8 Billion-Pixel Panorama (narrated video))

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事