ライラックの花言葉は?幸せになれると伝わるハッピーライラックも紹介

ライラックは小振りな花弁がいくつも重なることから華やかな見た目をしており、飾るのにも贈るのにも人気の花ですよね。ガーデニングで庭で育てている人もいます。

そんなライラックには素敵な花言葉があるため、ぜひ知っておきましょう!

また、ライラックがどのような花なのか、幸せになれるというラッキーライラックについても解説します。

ライラックとは?

ライラックはモクセイ科ハシドイ属の植物で、枝先に密集した花を咲かせるのが特徴です。

ここからはそんなライラックの特徴や開花時期、原産、花名の由来についてご紹介します。

特徴

ライラックは4つの花びらが筒状花となっていて、主に円錐花序(えんすいかじょ)を作る花です。

円錐花序とは枝分かれして全体が円錐状に見える花のことであり、他の花に比べても華やかに見えるのが特徴です。

枝先が穂状となっているため、開花すると非常に華やかな見た目となります。紫や白やピンクなどの花があり、色合いは淡いですが、華やかさも持ち合わせています。

また、とても香りが良いことから香水の原料にも使われているそうです。

開花時期

ライラックは4月~5月の春から夏にかけて咲きます。

寒さに強くて花持ちも良いことから、西洋で古くから愛されている花です。

日本では北海道などの寒冷地でも植えられていることがあり、特に札幌を象徴とする木として知られています。毎年開催されている「さっぽろライラックまつり」は国内外から観光客が訪れるほどのイベントとなっています。

ただ、暑さには若干弱いので、自分で育てようと思っている場合は注意が必要ですね。

原産

ライラックの原産はヨーロッパのバルカン半島です。

16世紀頃からヨーロッパ全域に広まりました。その豊かな香りと華やかな見た目が好評で、一躍ヨーロッパでは人気の品種として広まったそうです。

日本には明治時代中期に渡来したと言われており、現代では春先に咲く花としても人気があります。

花の名前の由来

ライラックという名前は、英語の「lilac」が由来となっています。

この単語自体は元々、ペルシャ語で青を意味する「lilak」が語源だと言われています。花の色からこの名前が付けられたと考えられています。

また、ライラックは和名で「紫丁香花(むらさきはしどい)」と呼ばれます。これはライラックの近種で淡い黄色もしくは白の花を咲かせる「丁香花(はしどい)」という花にその名前を由来します。

他にもリラと呼ばれることもあり、フランスでの花名であるリラから来ています。

ライラックの花言葉

ライラックには素敵な花言葉があります。ここからはそんなライラックの花言葉を簡単ながらご紹介していきます。

全般的な意味の花言葉

ライラックには、「思い出」「友情」「謙虚」といった花言葉があります。

これらの花言葉はライラックの見た目が由来だったり、その匂いなどが由来されているともいわれています。

色による花言葉

ライラックは色によって花言葉も違ってくるため、色別の花言葉についてもご紹介します。

紫のライラック

紫のライラックは、「恋の芽生え」「初恋」といった恋愛に関する花言葉が付けられています。

その淡くも美しい色合いは、まさに揺れ動く恋心を表しているようにも見えるかもしれませんね。

白いライラック

白いライラックには、「青春の喜び」「無邪気」という花言葉があります。

何色にも染まっていないライラックの姿から、"無邪気"という意味が付けられるようになったそうです。

ピンクのライラック

ピンクのライラックは、「思い出」という花言葉があります。

その淡い色彩を見ていると、どこか懐かしい気持ちになってきます。

ハッピーライラック

ライラックは4つの花びらを持つ花なのですが、稀に5つの花びらを持つものがあります。

その珍しさから5つの花びらを持つライラックを見つけると、幸運が訪れるといわれているそうです。

幸せを呼ぶ花びらが5つに割れたライラック

ライラックの中には稀に4つではなく、5つに割れた花びらを持つものが見つかることがあります。

西洋では特にこれらのライラックを「ハッピーライラック」と名付け、あるおまじないとともに幸せを掴めると信じているそうです。

ハッピーライラックで幸せになる方法

ハッピーライラックを見つけたら、そのことは誰にも言ってはいけません。

誰かに言ってしまうと幸運が逃げてしまいます。もしハッピーライラックを見つけたら、内緒でその花を飲み込みましょう。

そうすれば「愛する人と永遠に幸せに過ごせる」という言い伝えがあります。

ライラックが不幸を呼ぶ?

イギリスでは"紫"という色自体が悲しみを表す色だと言われており、ライラックにも不吉な言い伝えが残っています。

例えば、以下のような言い伝えがあります。

・ライラックを身に纏った女性は結婚指輪をはめられない
・婚約者へライラックを贈ることは結婚破棄を意味する
・ライラックは縁起が悪いので家に持ち込んではいけない

これらのことから、ライラックをプレゼントとして贈る場合は注意が必要とされています。イギリス人に花を贈る際は、色を気にした方がいいかもしれませんね。

しかし、日本では花言葉を見てわかっていただいていると思いますが、特に悪い意味はありません。なので、そこはあまり気にする必要はないと思います。

まとめ

ライラックはその美しさと香りで多くの人を魅了してきた花です。古くから香水の材料にもされていたそうです。

花言葉も前向きでステキな言葉ばかりですので、自宅に飾るのはもちろん、プレゼントするにもふさわしい花となっています。

また、ハッピーライラックを見つけることができれば幸運が訪れると信じられているので、ライラックを見かけた際は美しさや香りなどを楽しむばかりでなく、5つに割れたものがないか探してみるのもいいかもしれませんね。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事