新型コロナクラスター対策専門家がTwitterアカウントを開設!動向や分析結果など分かりやすく説明

厚生労働省の新型コロナクラスター対策班において、日々対策にあたっている専門家らがTwitterアカウントを開設。

4月3日に開設され、既にフォロワーは20万人を突破(4月4日現在)。新型コロナウイルスに関する最新動向や分析結果、そして専門用語の説明など私たちの知りたい情報を早速ツイートしてくれています。

現場から分かりやすく情報提供

アカウント概要欄には、「大切な人に会えない、会いづらい今の状況を変えるためにはたくさんの方の協力が必要です。そのために情報発信が必要と考えました。できるだけ分かりやすい情報発信ができるよう頑張ります」と、アカウントを開設した理由が記されています。

こちらが1回目の投稿。新型コロナウイルス感染の動向やデータの分析結果などを、現場からできるだけ分かりやすく解説し、情報提供していくと表明しています。

アイコンのデザインは、感染者数の減少を願ってデザインされたようです。

質問の多い内容などは動画でも解説

テキストやチャート、イラストのほか、質問が多かった内容などに対しては動画でも解説されています。

一人一人が正しい知識をもつことが重要ですし、こうして動画でフォローしてもらえると理解が深まりますし、助かりますよね。

専門用語も解説

また、「クラスター」や「オーバーシュート」など聞き慣れてはいるものの、実際にどんな意味なのかを正確に理解していない・・・という方も多いのではないでしょうか。

新型コロナクラスター対策専門家のアカウントでは、新型コロナウイルスの報道で盛んに飛び交っている専門用語についても解説されています。

新型コロナウイルスとの戦いは、長丁場の戦いになる様相を呈しています。うがいや手洗い、消毒、外出自粛などと同時に、正しい最新情報の取得も大切ですね!

ご家族や友人、知人、同僚の方に、同アカウントを是非シェアしてあげてください。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@ClusterJapan)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事