外出自粛で精神的に疲れている方へ。僧侶がバイオリンで弾く『情熱大陸』が上手すぎる!

「コロナ疲れ」なんていう言葉も時折見られるなど、新型コロナウイルスの影響で外出自粛の日々が続き、精神的に疲れている方も多いのではないでしょうか。

そんな疲れた心を癒すべく、京都・仁和寺がバイオリンで『情熱大陸』のテーマ曲を弾く僧侶の動画をTwitterに投稿。あまりにも上手い演奏が話題になりました!

外出自粛で精神的に疲れている方へ

京都・仁和寺の公式Twitterアカウントでは、日頃は四季折々の風景などの投稿が多いのですが、今回は異色の投稿内容となっています。

僧侶がバイオリンを弾くというビジュアルのインパクトもさることながら、演奏の上手さに驚かされますよね。

あまりの上手さに、『情熱大陸』を作曲されたヴァイオリニストの葉加瀬太郎さんが弾いているのかと思ってしまいました。

外出自粛で日々混沌としてストレスはたまる一方ですが、時間を忘れて聴き入ってしまいますね。こういう時に音楽の力って必要だなと改めて感じさせられます。

コロナ撲滅の御利益ありそう

僧侶の演奏を聴いたTwitterユーザーのみなさんから、御本尊が薬師如来であることにちなんで「コロナ撲滅の御利益ありそう」といった声や、「コロナ収まったら仁和寺に行きたい!」という声などが寄せられていました。

・わぁ!って思って、すごく楽しくなって、なんだか肩に入っていた力が抜けました! 
 
・琵琶法師ならぬバイオリン法師。 
 
・御本尊が薬師如来なんでコロナ撲滅の御利益ありそう。 
 
・いつの時代のどんな時でも、楽器や歌が上手いって、周囲を楽しませたり和ませられるよね。 
 
・なんか神々しいですね。コロナが収まったら仁和寺に行きたい!

あの名曲も演奏

また、森山直太朗さんの名曲『さくら(独唱)』を演奏している動画も投稿されています。

今年はこんな状況なので花見もままならず残念でしたが、桜に思いをはせることのできる名曲ですよね。本当に心が癒されます。

これらの動画を投稿したことにより、あっという間にフォロワーが3万台に到達。同アカウントでは大きな反響に驚きを示すとともに、「普段はそんなに面白いアカウントではございませんが、これからも仁和寺と仁和寺公式アカウントをよろしくお願いします」とツイートしています。

今は大変な状況が続いていますが、事態が終息した後、仁和寺が誇る四季折々の風景をゆっくり堪能したいですね。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@Ninna_ji)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事