歌詞が最高(笑) 自宅待機中の気持ちを「レ・ミゼラブル」の替え歌にした家族が話題に!

2020.4.7


2020年4月現在、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための対策や措置が世界各国で取られています。

そんな中、不要不急の外出を禁止する外出制限措置が出されているイギリスで、自宅待機中の気持ちをミュージカル作品「レ・ミゼラブル」の替え歌にして面白可笑しく熱唱する6人家族が現れました!

おもしろ替え歌で悲しみを笑顔に♪


その家族とは、イギリスのケント州に住むマシューさん一家6人。お父さん、お母さん、そして子供たち4人が全員集合し、レ・ミゼラブルの名曲『ワン・デイ・モア』を歌っているのですが、ユーモアたっぷりの歌詞がとにかく最高なのです。

歌い始めを担当するのはお母さん。

出典:Facebook

オンラインで買い物しようとしたけど、9月まで在庫がない・・・



そんな嘆きに続いて、手前に立っている息子さんが歌います。

出典:Facebook

今日はサッカーの試合が中止。僕たちみんなバラバラの距離にいて、どうやってサッカーできるんだ。



その後、息子さんと娘さんのデュエットに。

出典:Facebook

遠くに住んでるおじいちゃんとおばあちゃんはスカイプが使えない‥胸が張り裂けそう。



ここから家族が次々に熱唱!その中でこんな一節が登場します。

出典:Facebook

あなたたち(家族)と一緒に過ごすのはもう飽き飽き・・・



出典:Facebook

もう一日オンラインスクール・・・洋服を着替えるべき?



出典:Facebook

パパがお酒を飲むのを見てよ。ほらね、ママが溜息ついてる。



出典:Facebook

お日さまもガッカリ。僕たち室内に閉じこもってるんだもん。



そして終盤、オリジナルでは「明日には分かる、神の御心が」と歌われているパートがこうなります。

出典:Facebook

明日になったら分かる、「テスコ・オンライン(イギリスのスーパーのオンラインショップ)」に何の在庫があるのかが。


歌詞のセンスが最高ですよね!

心を震わせる壮大で美しいメロディーに合わせて、自宅待機中の気持ちを自虐的なユーモアがたっぷり込められた歌詞で熱唱するマシューさん一家。しかも本家「レ・ミゼラブル」のように旗を振ったり、細かい表情や動きを付けるといった演出もあって、最初から最後まで笑いを堪えきれませんでした(笑)

しかし、ツライ状況の中で悲しみを笑顔に変えるおもしろ替え歌を作って家族みんなで楽しく歌うというアイディアが本当に素敵ですね。マシューさん一家を見習って、私たちもこの状況をぜひ前向きに乗り越えたいものです。

▼ 動画はこちら



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Facebook(@Ben Marsh)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加