ヤマブキの花言葉は金運!ヤマブキとお金の関係とは?

古くから日本人の暮らしの中にあり、日本の文化に馴染みの深いヤマブキの花は、濃い色合いの鮮やかな花の色から「山吹色」という色名を生み出した植物としてもよく知られています。

万葉集や源氏物語などの作品にも登場し、春の季語でもあるヤマブキの花言葉がなぜヤマブキとお金が結びつくのかといったことにも触れながらご紹介します。

ヤマブキとは?

ヤマブキはバラ科ヤマブキ属に属しますが、本種のみの一属一種。

一重咲きと八重咲きの花があり、八重咲きの品種が八重山吹としてよく栽培されています。

特徴

北海道から沖縄まで、日本中の丘陵地帯や低い山に生えている、落葉性の低木です。

山吹色の語源となった花としても知られ、春になると赤みを帯びた深い黄色の花がたくさん咲きます。

湿気を好み山地の川辺や明るい小さな林の影などに時に群生します。

また、木ですが枝はしなやかで柔らかく、樹齢が若いうちは緑色をしていて、鮮やかな黄色の花とのコントラストもキレイです。

開花時期

4月〜5月で最盛期は5月です。

原産

日本、中国、朝鮮などの東アジアです。

花の名前の由来

ヤマブキの学名はKerria japonica。この種を発見したスコットランドの植物学者、ウィリアム・カー(William Kerr)に由来します。

和名のヤマブキ(山吹)には、いくつかの説があります。

細くてしなやかな枝が風に揺れる様を表す「山振(やまぶり)」という言葉から転訛したという説と、春に黄色い花で山が埋め尽くされる様子の「山春黄(やまはるき)」という言葉に由来するという説です。

また、花の色がふき(蕗)と似ているため、山に生える蕗、ヤマブキと読んだなどという説もあります。

ヤマブキの花言葉

ヤマブキの深みを帯びた黄色は気品を感じさせる色として、特権階級の人々が衣服に好んで用いていました。

特に平安時代にはゴージャスな色味として人気があり、男女問わず貴族の装束に用いられていたそうです。

全般的な意味の花言葉

こうした色の印象からでしょうか、ヤマブキの花言葉は「気品」「高尚」「崇高」「金運」など、上流社会を感じさせるものが多いようです。

またこれらとは少し違った花言葉に「待ちかねる」「ずっと待っていました」というものもあります。これにはヤマブキの花の咲き方の特徴が関係しています。

ウメやサクラ、モモウメにモクレンなど、春に咲く花は、花が葉よりも先に咲くものが多いのですが、ヤマブキは枝に葉が生え揃ってから花が咲きます。

花が咲くのを待ちわびる気持ちが、このような花言葉に繋がったと言われています。

色による花言葉

ヤマブキは花名がそのまま色の名称になっていることや、花名の由来からもわかるように、他の色はありません。ですから色による花言葉もありません。

ヤマブキとシロヤマブキの違い

ヤマブキには他の色がないと言いましたが、シロヤマブキという花があります。

少し紛らわしいのですが、この植物はヤマブキの白色品種というわけではありません。

同じバラ科ですがこちらはシロヤマブキ属でヤマブキと同じように一族一種。

日本では中国地方の瀬戸内海川の山地と香川県、兵庫県、福井県の限定された範囲に自生しています。

絶滅危惧品種に選定されていますが、庭木として楽しむことも可能です。

ヤマブキとお金の関係

昔一人の少年が谷底に金貨を落としてしまいました。慌てて少年が谷底に行くと、金貨は黄金色の花に変わっていたそうです。

これがヤマブキの誕生だといわれています。そんな逸話を持つヤマブキの花は、どうやらお金とは密接な縁があるようです。

昔から黄金に例えられたヤマブキ色

ヤマブキの花の色が黄金の色によく似ていることから、山吹色は黄金色(こがねいろ)という別名でも呼ばれます。

また逆に大判・小判などの金貨の色を、山吹色と呼ぶこともあります。

時代劇で「山吹色の饅頭」という言葉を聞いたことがありませんか?あれは袖の下、つまり賄賂のことなんですね。

賄賂に使う小判のことを、隠語で山吹と言っていました。

ヤマブキ色ってどんな色?

ヤマブキ色は赤みを帯びた鮮やかな黄色のことで、JISの色彩規格では「あざやかな赤みの黄」とされています。

平安時代から使われきた色で、貴族が着ていた襲(かさね)の色目にも花山吹として名前があります。

古くは黄色を表す言葉で、黄金色、金色の一種としても用いられます。

「まとめ」

私たち日本人にはおなじみのヤマブキの花ですが、山吹色は昔はそんなに高貴な色とされていたんですね。

それにしても万葉の時代の人々と同じ花を見ていると思うと、なんだか不思議な気持ちになります。

ただ、賄賂のことをこの花に例えて言うのは、ちょっと花が可哀想に思えますね。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事