伝え方が粋だね!宮沢賢治の名作パロディでコロナ対策を伝える張り紙が話題に

現在、スーパーや薬局など多くのお店で新型コロナウイルス対策の張り紙を見かけますよね。

そんな中でx_YAFUMI_x(@x_YAFUMI_x)さんは、とある飲食店で宮沢賢治の名作『注文の多い料理店』をパロディ化したユーモアたっぷりなコロナ対策の張り紙を目撃しました。

伝え方が粋だなぁ!

x_YAFUMI_xさんが見かけた張り紙の全容がこちらです。

宮沢賢治の名作『注文の多い料理店』ならぬ「注文の多い飲食店」というタイトルの下にはこう書いてあります。

どなたもどうか、コロナ以外はお入りください 決して、ご遠慮はありません

そして、お店からの5つのお願いが挙げられると最後はこう締め括られています。

いろいろ注文が多くてうるさかったでしょう もうこれだけです 健康に、笑顔で過ごしてください

この伝え方は粋ですね~!

従業員、そしてお客さんを守るためにしっかりと対策を立てると、こうしてお店側からの沢山のお願い事が出てきて当然だと思います。

それを事務的にではなく、名作『注文の多い料理店』のパロディに仕立てユーモアたっぷりの張り紙にしてしまうセンスがめちゃくちゃ素敵ですよね。

これを見たお客さんたちが物語の結末を思い出して、「まさか最後に食べられたりしないよね・・・?」なんて面白可笑しく想像しながらお店からの注文を守っている様子が目に浮かんできて思わずクスっと笑いを誘われました。

こういう事態の時だからこそユーモアを大切にしたり、角度を変えて物事を捉えてみるって大事ですね。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@x_YAFUMI_x)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事