新型コロナと闘い続ける医療従事者に敬意を示すため「ブルーインパルス」が東京都心を飛行! | FUNDO 新型コロナと闘い続ける医療従事者に敬意を示すため「ブルーインパルス」が東京都心を飛行! – FUNDO

新型コロナと闘い続ける医療従事者に敬意を示すため「ブルーインパルス」が東京都心を飛行!

2020.5.29


新型コロナウイルスの感染が拡大して以降、懸命の治療を続けてくれている医療従事者の方々。

今もなお最前線で闘い続けている方々に敬意を示すため、航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が東京都心を飛行しました。

都心部を8の字を描くように2周


ブルーインパルスが飛行したのは5月29日の12:40頃から約20分間。入間基地を離陸し、新型コロナウイルスの感染者を受け入れている病院の上空などを飛行しました。


防衛大臣の河野太郎氏いわく、ブルーインパルスが東京都心を飛行するのは今回で3回目になるそうです。


ブルーインパルスは8の字を描くようにして2周。白いスモークを噴射しながら、青空をキャンパスにして美しい飛行を見せてくれました。



東京スカイツリーや東京駅などの上空を飛行する姿はとても貴重です。一糸乱れぬ飛行はさすがとしか言いようがありませんね。

そして澄み渡った青空とランドマーク、ブルーインパルスとの共演が美しいです。

心を一つに


日本の中心、東京の感染拡大防止に日夜努める小池百合子知事もブルーインパルスの飛行する様子を投稿。


東京スカイツリーやサンシャイン水族館などの公式Twitterアカウントも飛行の様子を伝えています。




著名人も続々と投稿


東京都心上空を飛行していたこともあり、多くの著名人もこの飛行を目撃。各々が写真や動画を投稿しています。


青い光をともして医療従事者への感謝の思いを表す「ブルーライトアップ」の取り組みが各地で行われていますが、それにちなんでブルーインパルスの機体には青色があしらわれていたそうです。

お昼休みに病院の屋上に集った医療従事者の方々からは、「ありがとう!」と感謝の声も挙がっていたといいます。

いまだワクチンも薬もない新型コロナウイルスとの闘いはこの先も続いていく様相を呈しています。

しかし、一時的とはいえある程度の収束に至ることができたのも、医療従事者の方々の懸命の努力のおかげです。本当に感謝してもしきれません。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@JASDF_PAO) / Twitter(@konotarogomame) / Twitter(@ecoyuri) / Twitter(@skytreeofficial) / Twitter(@Sunshine_Aqua) / Twitter(@ystk_yrk) / Twitter(@Matsuda_satoshi) / Twitter(@yaiko_official) / Twitter(@kano9x)/ Twitter(@JOY19850415)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加