「大変申し訳ございません!」配達員がとても慌てていたけど・・・その理由を知ってほっこり

荷物を届けてくれた配達員さんが「申し訳ございません!」と言いながら大慌て・・・。
もしもそんなことがあった場合、一体何があったんだ!?と気になりますよね。

今回ご紹介するのは、配達員さんが慌てていたそのまさかの理由です。

汚れが取れなくて・・・

投稿されたのは、Twitterユーザーのturiさん。
配達員さんが荷物を届けてくれた瞬間のやりとりと、荷物についていた“とある汚れ”を公開されています。

出典:Twitter

  

出典:Twitter

  

なんと!段ボール箱についていたのは肉球跡! (笑)
パッと見た瞬間に、何歩か歩いている肉球跡とわかりますね。

配達員さんは汚れを取り除こうとされたようですが、取れなかったとのこと。
しかし、これはこれでかわいいので、許せてしまうという方も多いのでは!?

短いやりとりではありますが、配達員さんの誠実な人柄も伝わってきますし、なんだかほっこりしますね。

泣きそうなくらい慌てていた

turiさんいわく、配達員さんは泣きそうなくらい、とても慌てていたといいます。

実際は補償対象なのか分かりませんが、誠意をとても感じたそうで、小声(テレパシーのような感覚)で「大丈夫です、大丈夫です」という空気で受け取られたとのこと。

その場の両者の雰囲気が、手に取るように伝わってきますよね。

むしろ、つけてきてほしい

この投稿に対しては、「むしろ、(肉球跡を)つけてきてほしいですね」という声や「段ボール箱に猫の足跡の印刷したら人気出そう」という声が多数寄せられていました。
また、「こんな対応するドライバーさん、中々いません。こんな会社なら、安心して荷物を預けられます」と配達員さんに感心する声も見られました。

確かに、肉球跡がついた段ボール箱があったら人気が出そうですし、荷物を送る側も受け取る側も楽しみが増えそうですね!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事