「和牛」と「国産牛」って同じじゃないの?実は明確な違いがあるんです!

スーパーや精肉店で売られている牛肉は産地表記がされています。

アメリカやオーストラリアなどの外国産牛だったり、「国産牛」や「和牛」など、様々な表記を見たことがあるでしょう。

そして、国産牛と和牛はどちらも日本の牛だから同じ意味だろう・・・と思っている人が多いと思いますが、実は「国産牛」と「和牛」に明確な違いがあるのです!

今回は、そんな和牛と国産牛の違いについてまとめてみました!

和牛と国産牛

和牛という言葉を聞くと、お笑いコンビのお二人を思い浮かべる人がいるかもしれませんね(笑)

そんな冗談はさておき・・・「和牛」とは、日本古来の食用専用種のことです。

一方の「国産牛」は、和牛以外の日本で生まれ肥育された牛、もしくは外国種や輸入牛でも国内で長期間肥育されると「国産牛」に分類されます。

和牛はブランド

和牛は、国産牛の中でもブランド牛なのです。例えば、神戸ビーフ、松坂牛、米沢牛などのブランド牛が当てはまります。

和牛は全4種

和牛の種類は「黒毛和種」「褐毛和種」「日本短角種」「無角和種」の4つです。さらにこの4品種間の交雑種も和牛と呼びます。

和牛は、日本国内で出生して肥育された牛だけに限られており、他の品種では「和牛」を使うことは禁止されています。

黒毛和牛は聞いたことはあるけれど、他の種類はよくわからない・・・という人が多いと思いますがそれもそのはず。和牛の90%以上は、黒毛和種であると言われているのです。

黒毛和種(くろげわしゅ)

黒毛和種は和牛の代表的な存在で、和牛の約90%を占めています。産地は中国・近畿地方が中心でしたが、現在は日本全国に広く分布しています。

黒毛和種の主な銘柄主といえば、こちらなどがありますね。

・神戸ビーフ(兵庫県)
・松坂牛(三重県)
・近江牛(滋賀県)
・米沢牛(山形県)

遺伝力が強く、霜降りが入りやすいという性質があり、肉質に優れた種です。赤身にまでサシが入っているので、脂の風味が良いです。

褐毛和種(あかげわしゅ)

褐毛和種は褐色の体毛で、「赤牛(あかうし)」と呼ばれることもある種です。

主な産地は熊本県と高知県で、代表的な銘柄主には高知県の「土佐牛」と熊本県の「肥後牛」があります。

肉質は黒毛和種に近く、赤身が多く脂身が少ないのが特徴ですね。また、成長が早く、体が大きく育つ褐毛和種は、大人しい性格の牛です。

日本短角種(にほんたんかくしゅ)

日本短角種はイギリスのショートホーンの改良種で、和牛の中で一番若い品種になります。

主な産地は東北地方で、代表的な銘柄には青森県の「八甲田牛」、岩手県の「たんかく和牛」、青森県の「十和田牛」があります。

日本短角種は成長が早く、体格は大型になります。また手間が掛からず、放牧に向いており、放牧形式が適した東北と北海道エリアで生産されています。

肉質は赤身が多く柔らかいのが特徴です。

無角和種(むかくわしゅ)

無角和種はアバーディーンアンガス種(無角牛)と黒毛和種の交配種。名前の通り、角がなく山口県でのみ飼育されています。

毛色は黒毛和種よりも濃い黒色をしており、成長が早く歩留まりが良いのが特徴です。

国産牛

国産牛は、和牛4種以外の日本国内で飼育された牛のことを言います。

ちなみに乳牛種として有名なホルスタイン種も、日本国内で飼育されているので国産牛に分類されます。

日本産まれとは限らない!

国産牛は、日本で産まれた牛だけではなく、外国種や輸入牛でも日本国内で肥育されると国産牛になります。

以前は、外国種や輸入牛は日本で3ヶ月間飼育すれば、「国産牛」として販売することができていました。

しかし平成16年9月からは、最も飼育・育成された期間の長い場所を原産地として表示することがJAS法で制定されました。

そのため現在は、どこで産まれた牛でも、どんな品種の牛でも日本で飼育された期間が最も長くなれば、「国産牛」と表示できるのです。

和牛流出問題

和牛は肉質の良さ、美味しさから、世界に流出してしまいました。

日本政府は和牛品種の正当性を守るために、和牛やその精子、胚輸出も厳しく禁止し、流出阻止政策を行ってきました。

しかし、1976年に研究目的でアメリカに連れていかれた和牛が悪用され、1990年代まで相当量の和牛の精子や胚が他国に流出してしまうという事件が起きたのです。

そのため、オーストラリアは和牛とかけ合わせた品種で日本を超える輸出国となっています。

まとめ

国産牛と和牛は、同じではありません。国産牛は日本国内で長く飼育された牛のことで、日本産まれでない外国種や輸入牛でも国産牛として表示できます。

一方、和牛は黒毛和種・褐毛和種・日本短角種・無角和種の4種で、言ってみれば国産牛のブランド牛という位置付けになります。

日本国内で肉用として飼育されている牛のほとんどは和牛であり、和牛の90%を黒毛和種が占めています。

和牛と国産牛の違いをしっかりと理解出来れば、牛肉を購入する時にも比較しやすいですね。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事