節子の手元をよく見るとあの2人が(笑)あおり運転防止に効果がありそうな看板が面白い | FUNDO 節子の手元をよく見るとあの2人が(笑)あおり運転防止に効果がありそうな看板が面白い – FUNDO

節子の手元をよく見るとあの2人が(笑)あおり運転防止に効果がありそうな看板が面白い

2020.7.15

交通事故は誰もが気をつけているはずですが、なかなか私たちの生活からはなくなることはありません。

そしてその中でも、近年問題視されているのが「あおり運転」ですよね。

どんな呼びかけをしてもなかなか減りませんが、今回効果のありそうな看板が発見されて話題になっています!

あおり運転防止に効果抜群!?


その看板は、滋賀県の高島安全運転管理者協会が主催した「手作り立て看板コンクール」でお披露目されたもの。

Twitterユーザーのソラ(@sora_cp9a)さんがインパクト抜群の立て看板を撮影し、見せてくれました。


描かれていたのは、1988年に公開されたスタジオジブリ制作のアニメーション映画「火垂るの墓」のヒロインである節子。

同作は戦争を描いた傑作アニメで、兵庫県神戸市と西宮市近郊を舞台に、戦火の下で親を亡くした14歳の兄と4歳の妹(節子)が終戦前後の混乱の中を必死で生き抜こうとするストーリーです。

そんな背景があるだけに、節子の「にいちゃん どうしてすぐ煽ってしまうん?」のメッセージはとても心に響きますし、悲しげな表情をみていると切なくなってきますね。

そして看板をよく見てみると節子の手元には、あおり運転で有名になってしまった2人も描かれています(笑)そこに思わずクスッと笑ってしまいますね。

煽らせられとるんや!


節子を使った立て看板にTwitterでは、「煽るんちゃう!煽らせられとるんや!」「右上の努力賞が微妙にツボ」などの声が寄せられました。

・右上の努力賞が微妙にツボ。 
 
・煽るんちゃう!煽らせられとるんや! 
 
・やだー!こんなふうに節子を使わないでー 
 
・節子、それただの車線変更やない、煽りや。


まさか、節子もこのような使われ方をされるとは思ってもみなかったでしょうね(笑)



看板コンクールは力作揃い


高島安全運転管理者協会主催の立て看板コンクールでは”交通安全”をテーマとし、飲酒運転防止やシートベルト着用を呼びかける立て看板など、個性あふれる様々な手作り看板が集まっていました。

出典:Facebook

出典:Facebook

出典:Facebook

出典:Facebook

スーパーマリオブラザーズのゲーム画面をあしらったデザインなどインパクトがあって個性的なデザインが多いですね。

「注意一秒怪我一生」というキャッチフレーズもありますが、まさにその通りですよね。交通事故を起こしてしまってからでは遅いです。そうならないように皆が注意を払わなければなりません。

色々と引き込まれるデザインは多いですが、やはり節子の登場する看板はひときわ目立ちますね。

あおり運転防止、飲酒運転防止、シートベルト着用などを呼びかける立て看板がありましたが、どれもこれもデザインのクオリティが高くメッセージ性も強くて良いと思います!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@sora_cp9a) / Facebook(@高島鉱建株式会社)
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加