皮の厚さ化け物!?友人と中華を食べた時の仰天エピソードを描いた漫画が面白い

辛さに強い、寒さに強い、格闘技が強い・・・などなど「強さ」には様々なカテゴリーが存在します。

そんな中、漫画やアニメーションを制作されているほづみみずほ(@ahoboke3)さんは、中華を食べに行った際に友人のある驚きの強さを目の当たりに。

その時の仰天エピソードが漫画で紹介されています。

どんな皮の厚さなんだ・・・!?

すごくつよい友人」というタイトルで描かれたその漫画をご覧下さい。

ホッカホカのごままんじゅうを躊躇うことなく、もの凄い勢いで手掴みした友人。その衝撃的な行動に驚く周りに対し、友人は「揚げもんする時、指まで油につけたりせん?」「やからこれくらい平気」と話し、その場にまたもや衝撃が走るのでした。

ほづみみずほさんの友人・・・強者すぎませんか?(笑) このレベルだと、出来立ての焼き芋や肉まんもガッと掴んで食べ始めるんじゃ・・・!?と想像してしまいます。また、驚きに打たれる一方で、「皮の厚さ化け物か?」「危険物扱ってこの道ウン十年のおじさんの皮してるやん」といった鋭くセンス抜群な周りのツッコミに笑いを誘われてしまいました。

当の友人はどうか分かりませんが、周りの人たちにとってはきっと料理の味よりも記憶に残るエピソードになったでしょうね。

この投稿を見た人からは似たようなエピソードや、意外なことに友人に共感する声も寄せられています。

総菜屋のおっちゃんが揚げ物するとき素手で油に手を突っ込んでるのとおなじやな。 
 
祖父が肉屋だったんですが、毎日揚げ物やる時に、油の中に指が入っているのに平気みたいなので幼い頃はビックリしてました(笑) 
 
私もわかります、茶碗蒸し持てます。一瞬で鍋から持って受け皿にぽんと乗せます。でも確かに180度の油に手を突っ込むの、よくあります(笑) 
 
祖母は揚げ物の時に、油に手を突っ込んで温度計る。もうね、どっかの国の屋台のおっちゃんだよ・・・

どうやら、ほづみみずほさんの友人のような人は思いのほか”いるいる”のようですね。みなさんの周りはどうでしょうか?

ほづみみずほさんの他の漫画も読んでね!

ほづみみずほさんが描かれている2コマ漫画、『不死身の女子高生』がオモコロというWEBメディアで公開されていますので、こちらもぜひ読んでみて下さいね!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@ahoboke3)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事