110や119他にもたくさんある3桁電話番号!あなたはいくつご存知ですか?

みなさんは3桁電話番号についてどれくらい知っていますか。代表的なものとしては、警察の110や消防の119などがありますよね。

ただ、これらの3桁電話番号は他にもたくさんあり、中には知っておくと便利なものも多いです。

そこで、ここでは3桁電話番号の中でも必須のものから便利なものまで、覚えておくと役立つものをご紹介します!

3桁電話番号とは?

3桁電話番号とは文字通り3桁の電話番号のことであり、そちらに電話することで様々なサービスへと繋がるシステムとなっています。以下、まずは3桁電話番号とはどういうものなのかを簡単にご紹介します。

1XY特番

3桁電話番号のことは、正式には1XY特番と呼びます。

これらの3桁電話番号には代表的なものとしては110や119などがあり、あらかじめ登録されている3桁の電話番号を1XY特番と呼ぶそうです。

3桁電話番号には分類がある

3桁電話番号には分類があり、簡単に言うとA分類とB分類というものに分かれています。それらの違いについて知っておくと便利なので、ここからは3桁電話番号の分類についても解説するので、参考にしてみてください。

A分類

3桁電話番号のA分類は主に以下の4つの用途に分けられます。

緊急性・公共性・安全性の観点から重要な用途

警察や消防の他、災害伝言ダイヤルや発信者番号通知、発信者番号非通知など緊急性や公共性、安全性の観点から重要な用途のものがA分類となります。

電気通信サービスの利用で容易な認識が必要となる用途

番号案内や故障受付など、電話通信サービスの利用で容易な認識が必要となる用途もA分類とされているそうです。

3桁の統一番号として広く認識がなされている用途

天気予報や時報、電報受付などもA分類とされており、これらは3桁の統一番号として広く認識されています。国民が広く知っている3桁電話番号もA分類です。

事業者共通のプレフィックスとしての用途

プレフィックスとしての用途を持つ事業者交通の3桁電話番号もA分類となります。ちなみに、プレフィックスとは電話番号の先頭に付ける番号のことです。

B分類

3桁電話番号のB分類には2つの用途があり、加入者を直接収容する事業者が加入者に対して提供するサービスに利用できるものと定義されています。

オペレーターへの接続

用途の1つがオペレーターへの接続です。オペレーターを介して呼接続する場合はもちろん、問い合わせなどをする場合もB分類とされています。

設備への接続

設備への接続として呼接続に関する対応の他、特定者向け情報の蓄積や再生、サービスの条件の設定などもB分類とされているそうです。

覚えておきたい3桁電話番号一覧

3桁電話番号の説明に関しては少し難しい話になってしまったのですが、普通の人は電話するだけで利用できるサービスばかりです。そのため、ここではその中でも覚えておきた3桁電話番号を一覧にしてご紹介します。

頻繁に使われる必要不可欠な番号

3桁電話番号として頻繁に使われる必要不可欠な番号が以下です。

110(警察)

こちらに電話すると警察にかかります。事件や事故が発生した際に連絡することができます。

119(消防・救急)

こちらは消防にかかる電話番号です。火事など火に関する事件や事故が発生した場合はこちらとなっています。また、けがや病気など救急の場合もこちらですね。

海外の911とこんがらがってしまう人もいますが、日本と海外では番号が違うので注意しましょう。そもそも海外の911は警察も消防もすべて共通の番号となっています。

意外と知られてないけど知っておくべき番号

意外と知られていないものの、知っておくと良い3桁電話番号が以下です。

118(海上保安庁)

海で遭難したりした場合はこちらの番号にかけると良いです。主に海上や海中で発生した事件や事故に対応してくれます。

171(災害伝言ダイヤルセンター)

災害などが増えている昨今、注目を集めているのがこちらの3桁電話番号です。こちらは災害伝言ダイヤルとなっており、文字通り災害発生時に伝言を残すことができます。

こんなサービスあったんだ

3桁電話番号の中には思わず「こんなサービスもあったんだ」と言いたくなるものもあります。それが以下です。

136

こちらは直近でかかってきた電話番号を教えてくれる3桁電話番号です。現在では不在着信の番号も簡単に確認できますが、ナンバーディスプレイのなかった時代には、この機能は重宝されましたが、認知度は低いです。

114

迷惑電話がかかってきたらこちらの3桁電話番号にかけて登録をすることが可能です。この方法で登録しておくと、以降その電話からの通話はできなくなります。迷惑な電話などがかかってくる場合は、ぜひ登録してしまいましょう。
ただ、こちらの機能も現在ではスマホなどの端末から簡単に設定が出来ますので、あまり利用機会はありませんね。

159

電話をかけた相手が話し中の場合、一度電話を切ってからこちらの3桁電話番号に続けて「1」を押して登録しておくと、相手の通話が終了した時点で知らせてくれます。急ぎで電話をしたい場合や緊急で電話が必要な場合も便利です。

ただ、こちらも携帯電話などでは利用できません。昔は、固定電話の通話中にかかってきた電話はわからなくなってしまっていたので、この機能は便利でした。

188

こちらは消費者ホットラインにかかる電話番号となっています。商品の購入やサービスの契約などで生じたトラブルはこちらに相談しましょう。
こちらは現役で使える番号ですので、ぜひ覚えておきましょう!

189

近年増加する児童虐待などの案件は児童相談所への連絡が必須です。もし周辺で虐待などを目撃した場合、もしくは疑わしい場合などはこちらの3桁電話番号に連絡してみてください。

まとめ

3桁電話番号は知られているものだと110や119がありますが、その他にも知っておくと便利な番号は多いです。ぜひ、ここで紹介した3桁電話番号を使いこなし、より便利な生活を送りましょう。
これらの電話番号の多くは緊急を要する際にかけるものが多いですが、使い方によっては日常生活が便利になるサービスもあるので、ぜひ活用してみてくださいね。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事