ふ、踏み絵ですか!? JR川越駅のソーシャルディスタンスの促し方が話題に!

駅のホームでも飲食店でも、間隔を空けて座るソーシャルディスタンスが浸透していますよね。

そして、間隔を空けて座ってもらうため、各所で様々な趣向を凝らしている光景をよく目にします。

今回話題となっているのは、 JR川越駅で見かけたソーシャルディスタンスの促し方。まるで踏み絵を思わせるユニークな表記が話題になっています!

ふ、踏み絵ですか!?

池袋から電車で1時間ほどの場所にある埼玉県川越市。江戸時代から「さつまいも」の栽培が盛んで、街の至るところにさつまいもを使ったランチやスイーツのお店が点在しています。

そして、JR川越駅で見かけたソーシャルディスタンスの促し方がこちら。Twitterユーザーのとぅるー(@true3014)さんが投稿しています。

地域住民にとって親しみのある、さつまいものイラストを使って呼びかけています。

さつまいものイラストとともに記載されていたのは、「川越市民はさつまいもを踏んだりしません」という文字。

確かに川越市民であれば、お尻でさつまいもをつぶしてしまうようなことはしませんよね!?かなり抵抗があると思います。川越愛を確かめるかのような踏み絵といった感じです。

さつまいもは踏めないでしょう(笑)

この投稿に対しては、「さつまいもは踏めないでしょう」という声や、「即座に川越市民ではないことがあぶり出される」といった声も寄せられていました。

・さつまいもは踏めないでしょう(笑) 川越には「九里(栗)より旨い十三里」って言葉もあるし。 

・同時にここに座ってしまうことで、即座に川越市民ではないことがあぶり出される二重のトラップ。 

・川越市民じゃなくても、さつまいもを踏んだりしないでしょう。 

・草加市は煎餅、深谷市はネギなど、いろいろな展開が考えられますね。

確かに、二重のトラップとも言えるかもしれません。名産は地域によって色々とありますし、こういう呼びかけ方も効果がありそうですね。

ちなみにホームにもさつまいもの絵が・・・!

川越のさつまいも愛を感じてやみません。

常にソーシャルディスタンスを確保することって意外と大変ですが、名産品であれば幅広い世代からの注目が集められそうですし、効果がありそうですね!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@true3014)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事