野良犬がまさかの大出世!保護された場所の従業員として雇われることに!

世界では色々な珍事件が起こりますが、今回ご紹介するのはある1頭の野良犬のお話。本当にあった1頭の野良犬の奇跡のようなお話とはどのようなものなのでしょうか?カーディーラーに居座っていた野良犬がまさかの大出世を果たす感動のお話をご紹介しましょう。

野良犬だったツーソン

今回の舞台は日本から遠く離れたブラジルでのお話です。主人公は野良犬の「ツーソン」。ツーソンは大出世を遂げた野良犬なんですよ。

hyundaiの店長が保護

ブラジルにあるカーディーラー「hyundai」の店のショールーム前に1頭の野良犬が座っていました。「ここに絶対いる」と決めたようにいつも店の周りをうろうろしていたそう。誰かを待っているようにずっとずっとお店の前で待機していました。

しかし、いつまで経っても、誰も野良犬を迎えには来ません。hyundaiのスタッフは心配し、雨の日の夜に店長(エリアマネージャー)がツーソンに温かい食べ物と水をあげて保護しました。店の中に招き入れられた野良犬は「ツーソン・プライム」と名づけられたそうです。

店舗のマスコットに

この日をきっかけにツーソンはhyundaiの店に居座るようになりました。店長をはじめスタッフたちはツーソンの健気に待つ姿、孤独な状況を見て心を打たれたそうです。

また、ツーソンは店長にとてもよくなつきました。ツーソンと過ごす日が長くなるうちに、徐々にスタッフの中でもアイドル的な存在となり、ツーソンは店舗のマスコットとなったそうです。

異例の大出世

 

この投稿をInstagramで見る

 

Passa meu biscoito de comissão pra cá Presidente 🍪 vendi tenho direito ! 🐾🦴🐕 #tucson #prime #hyundai @primehyundai

TUCSON PRIME(@tucson_prime)がシェアした投稿 -


動物病院での健康チェックも受け、予防接種も済ませたツーソンは店のマスコットとして飼育する予定でした。しかし、ツーソンの接客能力は予想外に高く、お客さんへの対応が評判となり、急遽スタッフとして働くことになったツーソンは異例の大出世を果たしたです。

「pawfessional(肉球フェッショナル) コンサルタント」に

ツーソンはお客さんへの接客対応で人気を集め、ツーソン目当てで客が押し寄せお店が繁盛するようになりました。お店に貢献したことによって、ツーソンは会社から役職を与えられるまでに出世したのです。

ちなみにツーソンの役職は「pawfessional(肉球フェッショナル) コンサルタント」というもの。店長が会社の役員会で承認を得て、正式にこの役職が与えられたそうですよ。

「pawfessional(肉球フェッショナル) コンサルタント」のIDカードも作られて、IDカードを首から下げて毎日接客対応に追われています。さらにツーソンは国内のhyundaiの広告にも起用されることになったそうです。ツーソンのおかげでブラジルのhyundaiイメージはかなり好感度が上がったと言えるでしょう。

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bom Dia PessoAU 🐾🐕🦴 Bora trabalhar que a meta subiu muito esse mês #vaicomcalmachefe 🐶 #tucson #prime #hyundai @primehyundai

TUCSON PRIME(@tucson_prime)がシェアした投稿 -


ただの野良犬だったツーソンは、hyundaiの店員になり「pawfessional(肉球フェッショナル) コンサルタント」という役職まで手に入れた異例の大出世を果たします。心温まるこのお話は全て実話。ツーソンの人懐っこい愛嬌と高い接客力は、人々の心を癒してくれます。

看板犬として、pawfessional(肉球フェッショナル) コンサルタントとして名札を付けて、他の社員と同じように活躍する姿は何とも愛らしいですね。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Instagram(@tucson_prime)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事