【縁起物】こんなにたくさん?!縁起がいいとされる生き物たちをご紹介!

縁起物とは、その名の通り「縁起がよい」とされる物のこと。
よい事があるようにと祝い祈るための品物です。
縁起物と呼ばれるものはたくさんありますが、その中でも今回は、縁起がいいとされる生き物についてご紹介しましょう。
幸運のシンボルともなる「縁起がいいとされる生き物はどんなものがいるでしょうか?

縁起のいい動物

縁起のいい動物といえば、皆さんはどんな動物をイメージしますか?
鶴や亀、蛇、猫は有名ですよね。
ここではなぜその動物が縁起がいいのかも併せてご紹介しますね。

サル

サルは不幸が去る(サル)困難が去る(サル)という言葉遊びから、「厄除け」の縁起物とされています。

タヌキ

飲食店などの店前で見かけることが多いタヌキの置物。
「商売繁盛」のご利益があるとされます。
それはタヌキ⇒たをぬく⇒他を抜くという連想から来たんだとか。

他にも、タヌキが被る笠からしっぽまで八相縁起があり、「災難をさけて幸運を招く」ことができると言われていますよ。

フクロウ

フクロウは首を180度回転させることができます。
周りをよく見渡すことができるという特性から、「商売繁盛」「学力向上」につながり、縁起がよいとされています。
またフクロウは不苦労(ふくろう)という語呂から「運気アップ」にもよいと言われています。

ヘビ

十二支の一つであるヘビは、巳(み)と言われることにちなんで、「技能や知識が巳(身)につく」とされています。

また、ヘビのウロコはお金を呼ぶ象徴でもあるんです。
ヘビのウロコを財布に入れておくと、「金運がアップする」と言われていますよ。
さらにヘビが居つく家は、お金には困らないという迷信もあるんです。

また、白蛇はその希少性や神秘的な姿から信仰対象ともされています。

ネコ

ネコもまた縁起がよい動物の1つです。
ネコがネズミを退治してくれると、農作物がダメにならず「家が繁盛する」ことから縁起がよいとされています。

ネコの縁起物として有名な招き猫は、左手をあげていると「商売繁盛」や「恋愛運アップ」のご利益が得られるとされます。
右手を上げている招き猫には、「金運」のご利益があるそうです。

イヌ

イヌは家族を大切にしたくさんの子供を産むことから「子宝の象徴」とされます。
妊婦さんが安定期に入り、無事の出産を祈願する「戌の日」も、子宝で安産のイヌが象徴となっています。

ネズミ

ネズミは一度にたくさんの子供を産むことから「子宝の象徴」とされます。
また働き者の象徴ともされます。

ウマ

ウマは、「商売繁盛」「富・福」を招く動物であると言われています。
家を新築した人や、商売を始めた人への贈り物として、「馬」の字が逆さに書かれている「左馬」を贈るという地域もあります。

コウモリ

コウモリは漢字で書くと「蝙蝠」で、蝠が福という漢字に似ていることから、「福を招く」という意味があります。
また、コウモリは家の周りにいる害虫を食べて、家に福を呼んでくれるとも言われていますよ。

カエル

カエルは福が返る(カエル)使ったお金が返る(カエル)無事に帰る(カエル)ということから古くから縁起がよい動物とされています。
「来福招福」「金運」「交通安全」「恋愛」「健康」「長寿」など様々なご利益が得られるとされます。

またカエルは卵をたくさん産むことから、「子宝に恵まれる」という利益もあるそうです。

ツル

ツルは縁起がよい動物として有名ですね。
結婚式のご祝儀袋などでも鶴と亀のモチーフはよく見かけます。
中国では、ツルは古くから仙界に住む鳥とされています。
鶴は千年、亀は万年という言葉通り、「長寿の象徴」として親しまれていますね。

また、ツルはパートナーと一生を共に連れ添う特性があるので、夫婦鶴は「夫婦仲良好」の象徴ともされます。

ニワトリ

ニワトリは別名「明けの鳥」と呼ばれていています。
これは早朝になるとニワトリが鳴くことに由来します。
古くからニワトリは、新年に一番最初に鳴く鳥であるとされます。
また、太陽が出るころに鳴くことから、太陽を呼ぶ鳥とされてきました。

そして、太陽神・天照大神を祀る伊勢神宮では「神の使い」ともされています。
そのため縁起物として重宝されてきたのです。

また客を取り込む(トリ込む)にかけて、「商売繁盛」のシンボルともされます。

縁起物の水中の生き物

縁起物とされるのは陸上の生き物だけではありません。
ここでは縁起物の中でも水中にいる生き物をご紹介します。

コイ

コイは赤やオレンジ色など高貴な色の体をしています。
泳ぐ宝石とも呼ばれており、見た目からも「幸運のシンボル」となっています。

また、中国の昔話では、黄河にある竜門を登ったコイが、龍に姿を変えた伝説から鯉の滝登りという言葉が生まれました。
ちなみにこの鯉の滝登りは「立身出世をした」という意味になります。
日本でも端午の節句に飾るこいのぼりは、この鯉の滝登りから来たもの。「子供の出世や成長」を願う親の気持ちが反映されています。

カメ

ツルと同じく、「長寿の象徴」として知られているのがカメです。
鶴は千年、亀は万年という言葉は一度は聞いたことがあるでしょう。
長寿イメージの代表格と言えますね。

キンギョ

キンギョは中国語ではチンユイと発音します。
「チンユイ」は中国語の金余(お金が余る)と発音が同じなので、古くからキンギョは「金運」の縁起物とされています。
また、キンギョはたくさん卵を産むので、「多産祈願」にもつながると言われていますよ。

エビ

曲がった腰と長いヒゲを持つエビは古くから「長寿の象徴」とされており、お祝いなどの贈答やおめでたい料理にもよく登場します。

エビは火を通すと真っ赤な姿をするので、紅白が縁起がよいとされる日本ではおせち料理などにも必ず入っていますよ。
脱皮を繰り返すエビは、「成長と新しく生まれ変わる」という意味でも縁起がよいとされています。

マダイ

何かお祝い事があれば、鯛の塩焼きや鯛ごはんなどを食べるのは日本人の習慣となっていますよね。

特にタイの中でも、お祝いの席でよく出てくるのはマダイです。
縁起物として誰もが知るマダイ、その体の色は赤です。
日本人にとって赤と白の組み合わせは縁起のよい色の代表であり、タイも赤と白の組み合わせなので華やかなイメージがあります。

またタイはおめでたい(タイ)という語呂合わせからも縁起物とされています。

縁起がいいとされる虫

昆虫の中にも縁起がいいものとされるものがいますのでご紹介します。

タマムシ

タマムシは虹色に光るその体から、古くから宝石、輝石などと同じように珍重されてきました。
箪笥の中にタマムシを入れておくと、着物やお金といった「財産が増える」ともされています。

タマムシは別名で吉兆虫ともいい、その姿を見ると「いいことがある前触れ」ともされています。

トンボ

トンボは勝負、「勝利」の虫とされます。
トンボが前にしか進めないことから、決して後ろに退かないことを意味する「不転退」の精神を表す勝虫として武士に愛されていたそうです。

クモ

クモは「家の守り神」とされ、家の中にいると縁起がよいとされています。

朝のクモは「福を持ってくる」、「お客様がやってくる前触れ」であると言われています。
そのため、朝蜘蛛は殺すなという言い伝えもあります。

まとめ

縁起がよいとされる生き物はたくさんいますね。
皆さんは何個知っていましたか?

縁起がよいとされる理由はそれぞれの生き物によって異なります。
語呂から縁起がよいと言われるようになったものもいれば、その生き物の特徴から縁起がよいと言われるようになったものもいます。
その理由を調べてみるととても興味深いですね。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事