本物と全く見分けがつかない!思い付きで作ったガラスのブレスケアの再現度が凄すぎると話題に

お腹の中から息リフレッシュ!でお馴染み、小林製薬の「ブレスケア」をガラスで制作したTwitterユーザーのた ぬ(@thumb_tani)さん。

その再現度の高さに驚きの声が上がっています。

どっちが本物のブレスケア!?

た ぬさんご本人も「危険なレベルで再現度が高くなった」と驚くガラスのブレスケアがこちら。


 

手前がガラスのブレスケアで、奥のケースに入ったのが本物のブレスケア。

サイズや形、色や質感の全てにおいて瓜二つですよね。た ぬさんの言葉通り危険なレベルの再現度の高さで、答えを知っていてもなお「えっ、どっちが本物なの!?」と混乱必至です。小林製薬もビックリでしょうね。

ここまでくると目視では本物とガラスの区別がつきそうにありませんが、重さなどで違いが分かるのか尋ねる質問コメントに対し、た ぬさんは色が微妙に違うのと、粒同士がぶつかる音で分かることを明かしています。

「これは凄い!」「混ぜるな危険」

た ぬさんが制作したガラスのブレスケアを見た人からはこんな声が上がっています。

みなさん、当然の如く再現度の高さにかなり驚かれているようです。また、それ故に誤飲や保管に注意といった声も寄せられています。ここまでリアルだと確かに保管には細心の注意が必要ですね。

アイディアもクオリティも凄い!

た ぬさんは趣味でとんぼ玉を制作されており、今回はその技術を応用して制作されたそうです。しかし、ガラスでブレスケアを作るという斬新なアイディアはなかなか思い浮かびませんよね。しかも、完成品は異次元のクオリティです。

それもこれも、た ぬさんが技術とセンスの両方持ち合わせているからこそ出来たことですよね。今度は思い付きでどんな作品が生み出されるのか期待が高まります。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@thumb_tani)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事