北海道や北陸に咲く「クロユリ」、その花言葉はロマンチックな逸話と恐ろしい伝説から!

皆さんは北海道や北陸などの地域に咲くクロユリを見たことがありますか?
クロユリは名前の通り、黒い花を咲かせるユリに似た花です。
黒い花は珍しいので、見た目は少しミステリアスな雰囲気が漂っています。
ユリと言えばカサブランカのような白い純白の花、というイメージが一般的かと思うので、真逆なイメージを受けるかもしれませんね。

実はこのクロユリの花言葉は「恋」「呪い」なんです。
その花言葉にはロマンチックな逸話と恐ろしい伝説が関係していると言われているんですよ。
ここではクロユリの花言葉の謎に迫ってみましょう。

クロユリとは

クロユリは、白いユリと似た形をしていますが、名前の通り黒くて毒々しい色をしているのが特徴です。
ここではクロユリについて詳しくまとめてみましょう。

開花時期

クロユリの開花時期は4月~8月頃で、市場によく出回っているのは5~6月です。
最盛期は5月頃なので初夏とされます。

クロユリの姿や特徴

クロユリは多年草で寒さに強く、暑さに弱い高山植物です。
そのため日本では北海道や北陸地方など寒い地域でよく育ちます。

またクロユリには、本州型と北海道型があります。
本州型は草丈が15~30㎝程度で花は3輪ほどしか咲きません。
一方、北海道型は本州型よりも大型で草丈は50㎝以上あり、花もたくさん付けるのが特徴です。

クロユリは厳密にはユリの仲間ではない

クロユリは、実は白いユリとは別物で、厳密に言うとユリの仲間ではありません。
白いユリは「ユリ科リリウム属」ですが、クロユリは「ユリ科バイモ属」に分類されるので、そもそも別の植物なのです。

バイモ属は多年草で、日本には数種ほど分布しています。
花は鐘状で茎先に1~数個つき、下向きに咲きます。

クロユリの花言葉は両極端

クロユリの花言葉は「恋の魔術」「恋」「呪い」などの意味があります。
両極端の意味がありますね。
早速クロユリの花言葉の意味とその由来を詳しく見ていきましょう。

恋の魔術

花言葉「恋の魔術」はクロユリの珍しい花の色と、ハエが好んでやってくるその特徴的な臭いから来たと言われています。
魔性の花のイメージがぴったりなので「恋の魔術」という花言葉はしっくりきますね。

クロユリの花言葉の「恋」は、アイヌ民族の伝説が元となっています。
アイヌ民族では、「好きな人への想いを込めたクロユリを想い人の近くに気付かれないようにそっと置いて、相手がそのクロユリを手にすると、いつの日か2人は結ばれる。」という言い伝えがあるそうです。
アイヌ民族の人たちから、クロユリが「恋が叶う象徴の花」とされていたことから、クロユリの花言葉「恋」が生まれました。

呪い

「呪い」というクロユリの花言葉は、戦国武将の「佐々成政(さっさなりまさ)」の側室「早百合」が、成政によって殺された際に呪いの言葉を残したことが由来となっています。
その呪いのせいなのか、佐々成政は豊臣秀吉の命で切腹して果てることになります。

戦国時代の武将・佐々成政(1536年~1588年)の側室・早百合はとても美しく、成政は早百合のことを深く寵愛していました。
成政からの愛を一身に受けた早百合は子供を身ごもります。
そんな折、「早百合が密通している、お腹の子供は成政の子ではない。」という噂が流れてしまうのです。

その噂を聞いた成政は大激怒。
有無を言わさず身重の早百合を神通川の川沿いまで引きずって、処刑してしまいます。

早百合は、成政に殺される際に「立山にクロユリの花が咲いたら、佐々家は滅亡する」と呪いの言葉を残して死んだいったとも。
この早百合による最後の言葉から、クロユリに「呪い」という花言葉が付いた由来とされています。

他にもある黒百合伝説

クロユリの花言葉「呪い」の所以となったとも言われている佐々成政にまつわる黒百合伝説はいくつかのエピソードがあります。

クロユリと豊臣秀吉の正室と側室

無念の死を遂げた早百合にまつわる黒百合伝説の他にも、成政失脚の一端となったとされる逸話があります。

豊臣秀吉の正室であった「北政所」は、成政から大阪など関西では咲かない珍しい花であると一輪のクロユリを献上されました。
非常に珍しいと聞いた北政所は、黒百合を披露するために茶会を開きました。

この時クロユリを見た秀吉の側室「淀の方」、珍しい花を自慢されたのが悔しかったのか、北政所に恥をかかせてやりたいと一計を案じます。

淀の方は急遽、佐々成政とは別のルートからクロユリを取り寄せます。
そして「花供養」という催しをするので、と北政所を誘います。

北政所がその催しに足を向けると、先日茶会で披露したクロユリが無造作に飾られていました。
その様子を見て北政所は絶句します。
なにせ自分が非常に珍しい花だと自慢した花が、無造作に飾られる野花のひとつのような扱いをされていたのです。

そう、淀の方は自慢していたクロユリは大したものではないという演出をすることで、北政所に恥をかかせたかったのです。
結果、北政所は恥をかく原因となったとクロユリを贈ってきた成政を憎むようになったのだとか。

早百合の最期の言葉が現実に?

北ノ政所の怒りを買った成政は、それ以来秀吉に取り入ることができなくなりました。
そしてその後、一揆を鎮圧失敗した際に助命されることなく、責任を取らされ切腹をすることに・・・。
この時、佐々成政には直系男子がいなかったこともあり、佐々家は断絶することになります。

佐々成政に殺された側室・早百合の遺した言葉が現実になったことから、「呪い」や「復讐」の花言葉がついたのです。

佐々成政の死と早百合は関係ない?

ところが、この側室である早百合の逸話は、後に領主となる前田家を持ち上げ、佐々成政の株を下げるためにできた物語ともいわれています。

また、クロユリにまつわる北政所と淀の方の攻防も、佐々成政が生きていた時代には無かったとされます。
なぜなら、淀の方が豊臣秀吉の側室になったのが、佐々成政の亡くなった年だからです。

まとめ

白い純白なイメージが強いユリですが、クロユリは黒い花が特徴的なちょっとミステリアな雰囲気を醸し出しています。
このクロユリの花言葉は「恋」「恋の魔術」「呪い・復讐」です。

呪い・復讐という花言葉は、戦国時代に起こった黒百合伝説が由来となっているそうですよ。
クロユリの花をプレゼントする時には、花言葉に気を付けて渡さなければいけませんね。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事