2020年10月は"月"に注目!中秋の銘月に十三夜、更にはブルームーン!月三昧の月!

2020年10月は"月"になぜ注目かといいますと、昔からの風習「お月見」を行う「中秋の名月」「十五夜」と呼ばれる日があります。これは毎年あることなので特に珍しい現象ではないのですが、今年の10月は更にブルームーンと呼ばれる珍しい満月が見られる月なのです!

ブルームーン


ではブルームーンとはいったい何なのか?

それは、ひと月に満月が2回ある月の2度目の満月の事をそう呼ぶのです。満月というのは基本的に月に1回ですよね?しかし、暦と実際の天体活動の若干のずれから、数年に1度のペースで満月が2回ある月が現れます。

詳しいブルームーンについてはこちらの記事でご覧ください。
同月中の2度目の満月を指す「ブルームーン」、2020年は10月に見られます!!

因みに、ブルームーンの逆で新月が2回あるという事も起こりえます。この場合はブラックムーン呼ばれており、こちらも珍しい現象ですね。
2016年はハロウィンの日に起こる…珍しい天文現象「ブラックムーン」が神秘的!

2020年10月は月がアツい!

ブルームーンが数年に1度の珍しい現象なのですが、それが「中秋の名月」がある月と重なるという事は本当に珍しいことなんです!2020年の次に中秋の名月とブルームーンが重なる月があるのは2036年の10月です!

2020年のお月見はいつもより気合を入れて見たくなる気がしますね!

十五夜と十三夜


更に言うと、お月見と言えば「十五夜」が有名ですが、「十三夜」と呼ばれる中秋の名月の後の満月手前を「十三夜」と言ってお月見をするのをご存知でしょうか?「後の名月」と呼ばれる「十三夜」が中秋の名月の「十五夜」と同じ月にあることも珍しいことです。

十五夜は有名だけど十三夜って知ってる?お月見は両方しないと縁起が悪い?
2020年の10月は1日に「中秋の名月」のお月見、29日に「後の名月」十三夜でお月見、更に、31日は「ブルームーン」でパワーをいただくという正に月三昧の月なのです!!

皆さんぜひこの事実を頭に入れて今月の月三昧を楽しんでみてはいかがでしょうか!

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事