なんという神々しさ・・・東京スカイツリーと三日月が重なった幻想的な光景が話題に!

東京スカイツリーにしても、月にしても、写真の被写体としては定番です。しかし、双方が重なった状態で撮影された写真となるとどうでしょうか!?どんな光景になるのか興味深いですよね。

今回話題となっているのは、東京スカイツリーと三日月が重なった幻想的な光景。その美しさには、思わず時間を忘れて見惚れてしまいます。

三日月の明るさが際立つ

投稿されたのは、東京を拠点に撮影されているフォトグラファーのYoshiyuki Harada(@yohar1114)さん。こちらが反響を呼んでいる写真です。

闇夜に光る東京スカイツリーの青い光のバックに、鮮やかな黄色の三日月が見えます。重なり方が見事で、とても幻想的な光景ですよね。東京スカイツリーから角が生えているような感じといい、三日月の傾いている角度が絶妙です。

セーラームーンが出てきそう

この写真に対しては、「三日月ってこんなに黄色いんですね」と驚く声のほか、「セーラームーンが出てきそう」といった声など、多くの反響が寄せられていました。

あまりにも2つが重なった絵の完成度が高く、非日常的な世界観を出しており、セーラームーンが現われそうな雰囲気は確かにありますよね(笑)

今までに知らなかった東京を感じよう

HaradaさんのTwitterやInstagramには、東京の魅力が存分に伝わってくる写真が多数投稿されており、今までに知らなかった東京を感じることもできると思います。FUNDOでは以前、東京スカイツリーと東京タワーが重なった Haradaさんの写真も紹介いたしました。

【超貴重写真】東京スカイツリーと東京タワーが“完全に重なる場所”で撮影したら「東京スカイタワー」になった!

写真が気になる方は、ぜひフォローして最新の投稿をチェックしてみてください!

Yoshiyuki Haradaさんのインスタグラム

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@yohar1114)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事